まずは、七夕の由来から……


出典:無料画像素材写真AC

七夕は「しちせき」とも読まれる、古来よりの日本の行事です。1年の重要な「五節句」の1つにも数えられる程。元々、「棚機(たなばた)」という神事が起源とも言われています。
日本の「禊(みそぎ)」の行事として、「乙女」が着物を織って棚にお供えをして、豊作を願ったりけがれを払ったりするというものでした。その乙女を「棚機女(たなばたつめ)」と呼び、着物を織る織り機のことを「棚機(たなばた)」と言っていました。そして、時を重ねる度に「お盆」を迎える準備として、「7月7日」に行われるようになるのです。




 

有名な織姫と彦星も由来の1

七夕といえば、この「織姫」と「彦星」のロマンスといえます。この話の起源は中国にあり、「織姫」は裁縫の仕事が得意で、美しい布を織っては親の「天帝」を喜ばせていたのです。その娘の結婚相手を探していた天帝は、東の方に住む働き者の「彦星」を見つけ、引き合わせました。2人は、めでたく夫婦になったのですが、それからは以前のようになかなか仕事をしなくなってしまいます。その様子を見て天帝は怒り、天の川を隔てて、2人を引き離したのです。しかし、悲しみにくれる様子を見て、天帝は「一年に一度だけ」は再会を許しました。そのため、織姫と彦星は、年に一度の逢瀬を繰り返しているのです。


出典:無料画像素材写真AC

織姫と彦星の逢瀬が由来に!

中国では、2人の逢瀬を祝い「乞巧奠(きっこうでん)」と呼ばれる祭りが催されています。この言葉は、「乞=願う」・「巧=上達する」・「奠=まつる」という意味を持っていて、織姫にあやかり、手習いごとの上達を願っているのです。このお祭りが日本に入ってきたのは、「奈良時代」になってから。手習いの上達を願い、「梶」の葉っぱに和歌を書いてまつっていたとか……。梶の葉っぱを使っていたのは、墨との相性が良く、古くから「紙」の7原料として使われていたことからといわれています。

 

棚機の由来には、様々なお話があるので、1つずつ掘り下げてみるのも面白いかもしれません。そして、自分なりに七夕を楽しんでみることが大切なのです。






占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...