七夕かざりの意味とその願いとは


出典:無料画像素材写真AC

何で笹を使うの?

七夕よりもずっと前から、「笹()」は「神聖なもの」として大切にされていました。その中でも竹は「根強く」、「繁殖力が強い」植物で、「寒暖差」や「風と雪」にも強いことに注目されていたのです。そのため、その「生命力」と「神秘性」を兼ね備えた笹は、古来より神事に使われていました。また、笹の葉が風で擦れ合う音は、「神様を招く音」だとされていたとか。それだけ、神聖なものだからこそ、自分たちの願いを書いた「短冊」を吊るしていたのでしょう。





短冊にはそれぞれ意味があるのです

短冊に書くことは、基本的に「願い事」か「天の川」など七夕にちなんだ言葉やイラストになります。また、七夕のうたにあるように、「五色」の紙を用意して、そこに書いて下げるのです。この五色は、中国の「陰陽五行説」に関連していて、「青・赤・黄・白・黒」になります。これは、「青=木・赤=火・土=黄・白=金・黒=水」を現していると言われているのです。


出典:無料画像素材写真AC

短冊以外にも飾るものはたくさん!

七夕飾りは短冊だけではありません。それ以外にも様々な飾りを付けていきます。例えるなら、「吹き流し」などでしょう。吹き流しは織姫の「織り糸」を表していて、作るときには五色の色紙を使い、「魔除け」を意味しているのです。また、「網飾り」という飾りもあって、これは「豊年豊作や大漁」の願いを込めているとか。他にも、「千羽鶴」や「神衣(かみこ)」と呼ばれる紙の人形を飾っていきます。
七夕飾りや笹は、一夜だけ飾って翌日には取り外してしまうのです。本来は、川に流して清めるのですが、なかなか近くにあるところは少ないでしょう。ですから、細かく切ってから「燃えるゴミ」の日に出してください。しかし、「願いを書いた短冊」は近くの神社にて「お焚き上げ」をしてもらうのが良いでしょう。

年を重ねると、なかなか七夕を祝う回数も減っていってしまうもの。しかし、ときにはきちんと祝ってみると、気持ちがシャンとしてこれからの毎日を充実して過ごせるようになりますよ。そして、自分の周りに対して感謝の気持ちが湧き上がるのです。





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...