★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

ビジネスを上手く進行させていく上で新たな発想は必要不可欠です。特に固定概念といった従来の常識に縛られることなく、現存していない商品やサービスを打ち出すことにより、厳しい競争を勝ち抜いていけるようになります。
もちろん、それは簡単なことではありません。
自分の持っている思考が行き詰まり感を見せたとき、そして、打破することができる画期的なアイデアが欲しいときは逆転の発想、つまり、逆設定法を行うとすべてが解決します。

逆から見て新しい発想につなげる


出典:無料素材画像 写真AC

逆設定法とはアメリカ人コンサルタントであるステファン.グロスマンが提唱したフレームワークです。
意識的に常識の枠外、つまり逆側から見ることで新しい発想につなげようという手法です。例えば、シニア世代向けの家電品開発もアイデアを募ると仮定します。そのときにはシニア世代向けの固定概念や先入観が出てきます。予想させる先入観としては「操作ボタンが多すぎる」、「機能が多すぎて覚えられない」、「マニュアルが多すぎてよく理解できない」といった事項が挙げられるでしょう。
次にその逆のアイデアを活用し、設定ボタンが少ない製品、シンプルな機能、マニュアルは不要といったように実態の逆を設定します。次に逆の設定を実現するための問題点と解決策を考えます。
操作がしやすいように機能を絞り込む、少ないボタンですべてを操作できる方法を考案していくことになるでしょう。これが逆設定法です。
常識や一般的思考を一度、出した上で強制的に逆を考えてみるということが大きなポイントです。逆設定法を酷似した方法にあべこべ発想法というものがあります。
この方法はとにかく反対方向から考えてみるといったアプローチであり、正論や業界内の定番などを疑って考える発想法です。
逆転や反対アイデアを設定する上で基本的概念となる常識的概念を正しく設定することがポイントです。










最終目的を意識し手段を最適化


出典:無料素材画像 写真AC

逆から考えるということは様々な場面で応用することが可能です。
時間軸を逆転させて現状課題から考えるのではなく、あるべき将来像から考える、そして、手段かたら考えるのではなく、目的から考えるといったことが挙げられます。自分視点ではなく、相手側視点から考えることも大切です。
これらはすべて、最終目的を意識することで、手段を最適化することにつながっていきます。
逆設定法は思考癖がときには不要となるときがあるため、柔軟な思考力を持つことが求められます。
顧客視点を忘れていないか、組織論理が優先されていないか、目的を忘れていないかなどを考えておく必要があります。
使用と落とすタイミングに注意し、逆設定法を使用してみましょう。
夢を描いてそこに向かって努力することが可能となるかもしれません。

★新月・満月前日に配信! ウラスピナビ旬の占いスピリチュアルな情報のメルマガ無料会員登録はこちら!





WRITTEN BY 響孝二

響孝二
新聞記者、心理学ライター 1977年生まれ 北海道出身 公立高校を皆勤賞で卒業後、国立室蘭工業...