歌では知っていてもその意味までは知らないかも? 八十八夜の意味とは?


出典:無料画像素材写真AC

そもそも八十八夜って?

「八十八夜」とは、日本に古くからある雑節の1つです。雑節とは、二十四節以外で「季節の変化の目安」になる日のこと。この種類は、「節分」や「土用の丑」なども同じですよ。八十八夜とは、「立春」から数えて八十八日目のことで、5月2日(うるう年なら3日)を指す言葉です。意味としては、「春から夏へと変わる節目の日」とされていて、縁起の良い日と言われているのです。
そのため、この日から「夏への準備」をしていたとされています。



別れ霜に涙霜……八十八夜の豆知識

昔は、この時期に降りる霜のことを「別れ霜」と呼んでいて、この霜が降りた後に「農作業」をしていたとか……。
カレンダーや天気予報がない時代だからこそ、そういった部分で見極めていたのです。しかし、この時期の天候が乱れ「さつき寒」とも呼ばれていたので、農家の人たちはその対応に追われていました。また、昔の暦は「月の満ち欠け」に関連した「太陰暦」だったため、実際とズレてしまっていたことも……。
特に「北の地方」の人たちはそのズレに困っていたからこそ、八十八夜を利用していたと言われています。


出典:無料画像素材写真AC

新茶は長生きの秘訣!?

お茶の葉っぱというのは、寒い時期にゆっくりと栄養を蓄えています。そのため、「新芽」を摘んで作る「新茶(一番茶)」には「栄養」がたっぷりと含まれているのです。そのため、昔はこのお茶を飲むことで、「不老長寿」や「無病息災」を願っていたともいわれています。
そこで、新茶の飲み方も一緒に見ておきましょう。飲むときは、一度沸かしたお湯を「湯呑み」に注いでください。こうしておけば、お湯の温度が下がり、「新茶の旨味」が引き立ちますよ。そして、保存する場合はシッカリと「密閉」しておくことが大切。意識しておくだけで、香り高いお茶を楽しむことができるのです。




普段はペットボトルなどでお茶を飲む機会が多いでしょう。しかし、この時期だけでも自分で淹れた新茶で、まったりとした気分を味わってみてください。気持ちが解れて、周りにも優しく接する事ができますよ。

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...