実は意味まで知らないかも? こどもの日に縁起の良い食べ物とは

 


出典:無料画像素材写真AC

子孫繁栄を願って食べていました

柏餅をこどもの日に食べるのは、「日本独自」のものです。そして、お餅を包んでいる「柏の葉」にも意味があります。それは、新しい芽が出るまで古い葉は落ちないというところ。そこから、「家を継ぐ子どもが生まれるまで、親は死なない」と言い伝えられていたのです。
だからこそ、「家系」が絶えないようにと、こどもの日に柏餅を食べていたといわれています。その考えが定着したのは、古くから「男子」が家を継ぐという風習があったからでしょう。



関東と関西では違う?

関東では主に「柏餅」を食べていましたが、実は関西では「ちまき」の方が馴染み深いのだとか。元々、ちまきを食べ始めたのは、中国で「無病息災」を祈ってのことです。このちまきを食べる風習が伝わってきたのは、「奈良~平安時代」の間といわれています。そのちまきを食べるようになった由来は、紀元前の中国までさかのぼるのです。
中国のある詩人は王様の側近として仕えていたのですが、陰謀によって失脚。国を追われてしまい、王たちの行く末を心配しながら身投げしました。その詩人を慕い、悲しんだ人たちは、川にちまきを投げて弔ったとか。この人物が亡くなったのが「5月5日」。そのため、こどもの日にはちまきを食べるようになったのです。


出典:無料画像素材写真AC

魚を選ぶと粋と思われるかも!

端午の節句とも呼ばれるこどもの日。この日にお魚を食べるのも、また粋だと思われるでしょう。そのときは、「スズキ」や「ブリ」などの「出世魚」を選んでみましょう。この出世魚は、成長するごとに名前が変わるのが特徴。ですから、この機会に身内と一緒に食べるのも良いかも……。
また、「カツオ」も縁起が良く、「勝男(かつお)」とも通じるところから好まれている魚です。この時期は、初鰹(はつがつお)も美味しい時期ですから、ぜひ食べてみてください。


験を担ぐ際にも、日本は「語呂合わせ」を良く使うもの。改めて見てみると、面白いと感じる部分が多く散りばめられています。意外と知らない人も多いので、知識を蓄えておけば、さらに魅力も磨かれていくのですよ。

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...