改めて確認してみよう! こどもの日の由来とは?

 


出典:無料画像素材写真AC

こどもの日って一体何なのか……

こどもの日は、別名「端午(たんご)の節句」とも呼ばれていて、発祥は中国にあります。古くから中国では5月は縁起が悪く、「病が流行る月」とされていて、さらに5が重なる5日は「悪い意味を持つ日」だと言われていました。そのため、厄を払うために家の前に「菖蒲」を門に挿していたのだとか……。
ちなみに日本での菖蒲は、武道を大切にする武士の「尚武(しょうぶ)」と同じ読み方であること。そして、葉の形が鋭く、「刀」に見えることから、男の子が生まれたときに飾って「成長を祝う」行事になったといわれています。


何で5月5日なのでしょうか?

こどもの日が5月5日なのは、実は「語呂合わせ」からきているのです。なぜそう言われるのか。それは、端午(たんご)の意味から来ています。端午とは、「月端め(はじめ)の午の日」という意味。そして、十二支で表すと、午は5月にあたります。そのため、5月のはじめの午の日に祝っていました。しかし、午という字が「ご」とも読めるため、5月5日が端午の節句と決められたのです。


出典:無料画像素材写真AC

どうして菖蒲湯が大切なのか

菖蒲は先程も解説した通り、子供の厄を払ってくれるとされているため、とても「縁起の良い花」だとされています。その菖蒲をお湯に入れて浸かると、「強い香り」に「邪気」や「病気」が逃げていくと言われていたのです。そのため、古くから端午の節句には菖蒲湯に浸かり、体の疲れを取りつつ「病に勝てるように」と祈っていました。ですから、今年からでも端午の節句だけは、お湯を張って「菖蒲湯」に浸かってみてください。体の芯から温まりながら、「菖蒲の香り」を楽しむことができますよ。そして、浸かった後は、お湯を抜き菖蒲を細かくしてから燃えるゴミとして捨てましょう。そのとき、鋭い葉で「指」や「手」を切らないように気をつけましょう。


端午の節句を振り返ってみると、実は語呂合わせから来ているなど、遊び心にあふれた祝日です。この機会に、周りの人たちとこどもの日を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。童心に帰って、友人や知人との交流を楽しんでみてください。

 

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...