出典:無料画像素材写真AC

お花見が存在していたのは、古くは「奈良時代」からだと言われています。しかし、そのときは「桜」ではなく「梅」を愛でていたのだとか。今のように桜を愛でるようになったのは「平安時代」だといわれています。奈良時代に梅を見るお花見というのは、「花の美しさ」を愛でるよりは、「神事」としての意味合いが強く、「厄払い」のために行っていました。そのため、今よりも楽しいと感じることが少なかったのです。しかし、平安時代になってからは、「嵯峨天皇」が812年に「花宴の節」という集まりを開きます。その宴がお花見の起源だと言われているようです。




今の宴会のようなスタイルは江戸時代から!

今までのように花を愛でる形式から、皆で集まって楽しい時間をすごす様になったのは、江戸時代からなのです。そのきっかけは、8代将軍の「徳川吉宗」が庶民向きの花見用の公園をあちこちに作ったことにあります。そこから、花見は庶民の娯楽として栄えていくのです。昔から伝えられている貴族の堅苦しさや詩歌の教養からも開放され、無礼講で、しかも大勢で賑やかに楽しめる花見へと変化していきます。そして、皆「お弁当」や「酒」などを持ち寄って楽しむようになりました。ちなみに、花見には欠かせない「三色団子」も江戸時代から広まったものなのですよ。


出典:無料画像素材写真AC

なんで日本人は桜が好きなのか……

桜は昔から日本人に好まれている花です。しかし、なんで好まれているのかを明らかにしてみましょう。桜は、爛漫と咲き誇った後の散り際が「とてもキレイで潔い」という意見を持っている人が多いです。また、その花の開花から、春へ季節が移っていくのを感じていたのでしょう。だからこそ、桜に愛着が強く、大切にしていきたいという思いを抱いているのです。そして、花見をする中で、周りの人たちとの「団結」を作っていこうと考えていたのでしょう。

お花見は始め梅の花のことだという知識は、なかなか持っていない人が多いのです。ですから、この機会に知っておけば、今まで以上にお花見を楽しめますよ。そして、周りの人とのつながりが、今まで以上に強くなっていくのを感じるでしょう。






占いコラムニスト:水守湊

 

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...