出典:無料画像素材写真AC

カラフルでキレイなひなあられも西と東では全く別!?

ひなあられは、小さい頃よく「おやつ」として食べた経験がある人も多いはず。このお菓子を食べるようになったのは、「平安時代」からのようです。昔は、ひなまつりの元になった「ひいな遊び」をする中で、人形を外に持って出る風習があったのだとか。そのときに、「おやつ代わり」に持っていたのが「ひなあられ」だったのです。この風習のことを「雛の国見せ」と呼ばれていました。ちなみに、東だと「ポン菓子」に砂糖であまく味付けしたものを食べるのですが、西では「お塩」や「砂糖醤油」などで甘辛くしたお餅を揚げたものを食べているようです。




菱餅の三色にもちゃんと意味があるのです

毎年、ひなまつりになると、人形を飾ると共に「菱餅」を飾っていたと思います。実は、もともと中国発祥で、「母子草(ははこぐさ)」と呼ばれる「草餅」だったのです。しかし、日本ではその草が「母と子どもをついてお餅にする」という意味に感じてしまい、代わりに「よもぎ」を使うようになります。ちなみに、今の形になったのは江戸時代からだとか。あの三色にも意味があって、赤は「魔除け」で白は「清浄」、緑は「健康」の意味があるのです。また、あの三色には「雪(白)が解けて新芽(緑)が芽吹き、桃の花(赤)が咲く」という意味で春をイメージしているとも言われていますよ。


出典:無料画像素材写真AC

娘の将来を案じる親の気持ちがこもっている?【お吸い物】

ひなまつりの食事の中で作るお吸い物は「ハマグリ」を使う機会が多いです。それは、この貝は蝶番(ちょうつがい)の部分が個体によって異なることから、「一生、一人の人と添い遂げる」という「夫婦像」の象徴になっています。そこから、「将来、素敵な異性と出逢い、いい生活が送れるように」という親の願いが込められているのだとか。

 

年中行事の中でも有名だからこそ、もう一度その意味をしっかりと理解しておくのも大切なことです。また、子どもに教えてあげれば、今までよりも楽しくひなまつりを過ごせるでしょう。





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...