・ジャンクな食べ物ではジャンクな体しか作られない。あなたの体を作るのはあなたが食べているもの
・砂糖を抜いて、素材本来の多彩な味を感じられる&冷え性・肌荒れを解消
今回は、日替わりで旬の有機野菜たっぷりのマクロビオティック弁当「ステップマクロビ弁当」のご紹介です。

●「Organic kitchen」のメニューはバラエティ豊か!

毎日食べ続けて体をととのえましょうと言うヘルシー弁当ですが、
・ベジメンチかつハーブ味噌だれ
・テンペと季節野菜の麻婆
・車麩の酢豚
・大豆ミートのカシューナッツ炒め
などなど、何だか読んでるだけで美味しさが伝わってきそうなメニューの数々。

photo by たっくんKT

しかも砂糖不使用、農薬NO・添加物NOと言うコンセプトで作られています。
安心・安全、嬉しいお弁当!

◆こちらをいただきました!


photo by たっくんKT

・大豆ミートのピリ辛胡麻ソース弁当 650円

玄米のお弁当と、雑穀のものとがありました。かみさんの分と合わせて2つ買う予定だったので、1つずつ購入♪
おかずが盛りだくさんですっごく嬉しいです。わざわざお弁当買うなら、多彩に楽しめる方がやはり良い。
煮物、マリネ、竹の子の塩和え、漬物、つけ合わせと豊富に入って、ご飯の真ん中には梅干しがひとつ。メインとなる大豆ミート、これ大好きです。
お肉の食感がないと食事をした気がしないと言うかたも全然問題なし、満足できる味付けと食感、ボリュームで美味しく楽しめます。最近ピリ辛にはまっているところなので、なお嬉しかったですねー。

●東京都内23区で購入可能

秋葉原以外でも、URLにある都内23区内のいろんなところで買うことができます。
ぜひ全国で取り扱ってほしいほしいものです。





●砂糖を使わないのには意味がある


photo by たっくんKT

organic kitchenのサイトから少し引用させていただくと、

お腹が満たされたらそれで終わりではありません。そこからがむしろ本番。
その後のこと、真剣に考えていますか?

食べたものは血液になり、筋肉になり、エネルギーになり、『体をつくる』のです。つまり、“どんなものを食べたか”が、“どんな身体になるか”に大きく関わっているのです。ジャンクフードばかり食べていれば、ジャンクな体になっていくのは簡単に想像できます。

…とのことです。

“マクロビオティックを目指す最初の1歩”というコンセプトの『ステップマクロビ弁当』。お腹が満たされればいいと考えるのではなく、しっかりそのあとのことも考えてくれるお弁当です。

photo by たっくんKT

また、砂糖を一切使わずに調理しているのも重要ポイント。
現代の食事は砂糖過多。砂糖は血糖値を急激に上げ、それに対して脳が慌てて血糖値を下げるホルモンを分泌、血糖値は急激に下がります。
すると今度は血糖値が急激に下がったので再び脳が慌てて血糖値を上げようとします。
急激な変化は体に大きな負担をかけ、冷え性や肌荒れなどの不調を引き起こしたり、心のバランスを乱すこともあるのです。

砂糖を抜いてバランスの良い食事を続けたことで、体質が改善され風邪をひきにくくなった方もたくさんいらっしゃるとのこと。
毎日食べているうちに、自分の心と体が整っていくことを感じられるお弁当、あなたもいかがでしょうか?

【お店データ】
Organic kitchen (秋葉原)
http://staging.organic-kitchen.co.jp/
住所: 東京都千代田区神田練塀町8-2 ちゃばら内
最寄駅: JR東日本「秋葉原」駅 電気街口2分、東京メトロ銀座線「末広町」駅 5分
地図:ちゃばらサイトより
http://www.jrtk.jp/chabara/





家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
●雑誌「veggy」10周年アニバーサリーフェスティバル開催決定!!! 日本で唯一のベジタリアン雑...