6月の花札に描かれている植物は「牡丹」です。

牡丹の花言葉は、「王者の風格」「富貴」「恥じらい」「高貴」「壮麗」等です。

一部スピ的に言うと、愛と癒しのエネルギーを帯びた花だそうです。

牡丹と言えば、個人的には「南総里見八犬伝」を思い浮かべます。

このお話の中で、牡丹は霊力がある花として書かれていたように思いますが、子供心に、ちょっと不思議な心持になったことを思い出しました。

さて。今日も、そんな花札さんに聞いてみましょう。

無料公開鑑定・匿名希望P様の占い内容

☆相談内容☆
59dca2f365d79e87cc5ca62332f08af2_s
出展:無料写真素材写真AC

相談者 匿名P様
同棲している彼氏がいますが、このまま結婚してもいいのでしょうか? 
結婚するならいつくらいが良いのでしょうか?

☆鑑定結果☆
匿名P様。花札の公開鑑定へようこそ!
花札鑑定士のうめざわみきです。
この度は、鑑定依頼をいただきまして、ありがとうございます。

【最初に……】
花札が伝えてくれることを、なるべくそのままの形で伝言いたします。
公開鑑定です。なるべく単語を選ばせて頂いておりますが、不適切な表現がございましたら、どうぞご容赦ください。
この鑑定を、匿名P様の明るい未来のために、ご参考になされることを祈ります。
ありがとうございます……

同棲している彼と結婚できるか不安な、匿名希望P様の花札鑑定

匿名P様
photo by うめざわみき

久しぶりにざっくりとした質問をいただきました。P様、ありがとうございます。

まず花札で出てきましたのは、「時間をかけて」「ゆっくりと熟成する」「成る」というキーワードでした。

ここから推測致しますれば、P様とお相手の方とのお付き合いが既に長いか、または既にご夫婦の形態で暮らしておられるのではないでしょうか?

機は熟し始めております。このままご結婚されるのが妥当かと存じます。さらに、祝福の札も出ております。神様もきっと喜ばれていますね。

お二人が手を取り合ってご家庭を築かれるよう、そのように導かれていることと思います。

ここで、少し問題点が出ております。

ご質問にないことですので余計なことになりますが、経済的側面について、よくお話し合いをされてください。お財布のあり方をよくお話しなさってください。このあたりのことを最初に定めておくことで、後々のトラブルの芽を摘んでおくことになると思います。

さて。結婚の時期を観てみました。

今年は結婚の準備に入ると良いと思います。

来年2017年、2月4日過ぎから、結婚には最適な時期となってくるでしょう。来年中に籍を入れると良いです。

今年中にご両家でお顔合わせされるなど、着々と準備を進めていきましょう。お二人の結婚に対する意識も高まって、新婚家庭としてとても良いスタートを切ることになります。

来年を過ぎますと、実は機を逃すことになってしまいます。

特に、2年後3年後のこの2年間は、結婚するにはあまりよくない時期となってしまいます。何か問題が起こりやすくなるからです。

この2年間を過ぎても、なお、結婚に関しては、あまり良い時期ではないようです。このよろしくない時期が明けるのは、今から9年後になってしまいます。

ですので、今年から来年にかけてのこの最適な時期を逃さないでください!

きっとお幸せです。

以上鑑定致しました。

匿名P様は、いわゆる結婚適齢期のようです。

結婚というものに対して、若干の不安定要素や読めないこともおありでしょうが、今がとても良い時期です。良い時期にことをスタートさせることは、最初から良い方向に底上げしていることとなります。

この時期にこのご質問をいただいたこと自体、すでにタイミング的に絶妙です。これは、もう、お幸せになる以外、ないでしょう。

P様の確定されたお幸せにありがとうございます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【募集】
あなたのお悩み、お寄せください。花札に聞いてみてください。
思わぬ発想の転換があるかもしれません。
お申し込みはこちらからお願いいたします。
HP:「花札占い師の部屋」

WRITTEN BY うめざわ みき

うめざわ みき
【募集】 あなたのお悩み、お寄せください。花札に聞いてみてください。 思わぬ発想の転換があるかも...