★メルマガ限定⇒2週間分のラッキースポット&カラー占いを掲載。無料メルマガ登録はこちらから

第13回・ジオマンシーでお悩み相談!「開運する方法」

 

ジオマンシーで、お悩みにおこたえしていきます。

 

今回もジオマンシーのシールドチャートで占います。

15のシンボルをそれぞれ組み合わせて読んでいきます。

 

【お悩み】

今回ご相談いただいたのは、占い好きのAさん。

 

特に困っていることはないそうですが、開運法を知りたいとのこと。

Aさんはアラフィフで旦那さんと娘さんとの3人暮らしです。趣味は読書。インドア派です。

 

【占い結果】


photo by 高橋桐矢

 

 

大地の力を使うジオマンシーは、損得を占うのに適しているため、開運占いも得意です。

現状をみながら、どうすれば開運できるのかを占っていきます。

 

下の3つのシンボルが示す最終結果のジオミャンシーカードを並べてみます。


photo by 高橋桐矢
右の過去は「拘束」。インドア派のAさんを表しているようです。

左の未来はアウトプットを表す「喪失」。それらのシンボルから導き出される最終結果は、最大吉の「大吉」。

開運のためには、これまで貯め込んできた物を、自分からどんどん出していくことが大事だとわかります。

 

最終結果が凶シンボルになったときは「このままではいけない」という警告になりますが、今回は吉シンボルなので、Aさんの今のそのままでよさそうです。

くわしく見ていきましょう。

 

第1トリプシティは、Aさんの今を表します。「少女」から確かに今困っていることはなさそうです。しかし漠然とした「悲しみ」の気持ちは、将来何か「喪失」するかもしれないという不安からきているのかもしれません。


photo by 高橋桐矢

 

第2トリプシティは問題の本質、ここでは開運の鍵を表します。「悲しみ」と「拘束」から導き出される「喜び」。将来への不安がない人はいませんし、このふたつが今のAさんを表しているのだとしたら、このまま何もしなくても、今すでにもう十分に幸せなのだと教えてくれているようです。


photo by 高橋桐矢

 

第3トリプシティは、家族と身近な環境を表しています。Aさんは今まで妻として母として、家族を助けてきたのでしょう。チャレンジをあらわす「少年」と強調する「人々」からの「少年」で、家族はAさんに外に出るようにと言っているのではないでしょうか。


photo by 高橋桐矢

 

第4トリプシティは、Aさんを取り巻く状況を表しています。周りの助けを意味する「小吉」と「少女」で、困ったときには助けてくれる女友達がいるはずです。さらに「竜の頭」は、Aさんの新しい次のステージが始まる暗示です。


photo by 高橋桐矢

 

冒頭の最終結果に戻ると、Aさんは、もうすでに望む幸せをその手の中に持っていると言えるでしょう。

 

インドア派のAさんは、これから外に出ることも多くなってきそうです。新しく仕事をはじめるのかもしれません。そんなチャレンジの毎日の中に、新しい喜びを発見することができるはずです。

そこで、今まで得た知識やスキルや経験を社会に還元していくことになるでしょう。

第1トリプシティの「喪失」と、最終結果の「喪失」は意味が違います。

Aさんは、開運とは何かを得るだけでなく、自分が提供できる側になることだと知るのです。

 

ジオマンシーで開運アクションを占う場合、ひとつのシンボル(ワンオラクル)でみることもできますが、こうしてシールドチャートにしてみると、よりくわしく、立体的に見えてきます。

 

次回もジオマンシーで実占していきます。

 

*使用カードは「ジオミャンシーカード」「ハピタマ!」です。

*シールドチャートに使用した画像は「シンプルジオマンシー」アプリです。

 

 

ウラスピナビ編集部からのオススメ

「運気をあげたい」「悩みを聞いてほしい」、そんな方には電話占いピュアリがオススメ。

メディアにも取り上げられた人気占い師が勢ぞろい。恋愛問題や人生相談に強い占い師さん多数です。

利用者さんの声もしっかりと掲載されていますので、初めての方にも安心です。

【初回10分無料】登録して占ってもらいたい方はこちらから

 

占い師・作家:高橋桐矢

WRITTEN BY 高橋桐矢

高橋桐矢
高橋桐矢(たかはしきりや)占い師兼作家。 雑誌「ムー」(学研プラス)に毎月の占い掲載。 著書『占...