★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月の過ごし方のメルマガ登録はこちら!

【十二支別花札占い】2018年・冬至の迎え方と過ごし方


photo by うめざわみき

 

【子】

頭を空っぽにしてリセットしておきましょう。

⇒ 無病息災を祈りつつ「ゆず湯」に浸かり、同時に「融通の利く」自分を構築しましょう。

【丑】

素直ではない自分の部分を見つめ直しておきましょう。

⇒ 冬至は一番陰のエネルギーの強い日なので、ネガティヴ要因はこの日に置いてきてしまいましょう。

【寅】

踏ん切りをつけられない事は、一旦そっとしておきましょう。

⇒ 陰のエネルギーの強いこの日は、静かにおとなしく過ごしましょう。

【卯】

今年あったご縁に、感謝の気持ちがあるかどうか、確認しておきましょう。

⇒ 名前の中に「ん」の付く食べ物を食べて、幸せを噛み締めましょう。

【辰】

ごちゃ混ぜの心やお部屋を整理整頓しておきましょう。

⇒ こんにゃくを食べて胃や腸の大掃除をしましょう。

【巳】

大好きなあの人を客観的に見つめてみましょう。

⇒ 小豆粥を食べましょう。小豆の赤は邪気払いの赤です。邪気の無い気持ちで行きましょう。


出典:無料素材画像 写真AC



【午】

今までした事のないことに挑戦しておきましょう。

⇒ 冬至は「再スタートの日」とも言えます。自分の幅を広げましょう。

【未】

自分の幸せを探して「ありがとう」と声をかけておきましょう。

⇒ 冬至かぼちゃを食べて、無病息災を願いましょう。

【申】

異質のものをむやみに排除しない心を培っておきましょう。

⇒ 自身の新しい動きに対しての計画を練り、少しずつ始めましょう。

【酉】

自分の目標は高く掲げておきましょう。

⇒ 「金柑(きんかん)」「銀杏(ぎんなん)」の丸いものを食べて、金運アップを図りましょう。

【戌】

恋愛または結婚の成就を、具体的に思い巡らせておきましょう。

⇒ 一陽来復のお守りをもらうと良いです。早稲田の穴八幡宮さんなどが有名です。

【亥】

進まない事案に対して、他の方面からの見方もしておきましょう。

⇒ 小豆とかぼちゃのいとこ煮を食べて、滋養を養っておきましょう。

 

是非、ご自分の干支を意識してみてください。

冬至の行事には、今から迎える本格的な冬に備えての、昔からの知恵が満載です。この知恵の恩恵にあずかりましょう。

 

 

ありがとうございました。

★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月の過ごし方のメルマガ登録はこちら!



花札鑑定師:うめざわみき

 

WRITTEN BY うめざわ みき

うめざわ みき
【無料花札鑑定の希望者募集いたします!】 あなたの抱える様々なお悩み、花札さんに聞いてみませんか?...