★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

■生命線をパッと見てで活力の大きさを簡単チェック!

手相の中でも「生命線」は、手相に興味がない方でも知っているような一番有名な線ですね。
この生命線は、名前の通り、その人の生命力や体力、エネルギーの強さ、健康具合などを観る上でも大切な線で、太さや濃さ、長さ、乱れ、支線、途切れ、など見るべき鑑定内容は多岐にわたりますが、簡単な目安として「活力が高いか、低いか」を観ることができます。


出典:花岡正人

皆さんも、このパッと見る方法で、自分やお友達、パートナーの生命線を観て、活力の高さとしての体質をチェックしてみましょう。

しかし、勘違いしてはいけません。
一見、活力が高い人の方が良い人間のように思われがちですが、手相は良いも悪いもない個性として観るので、性格や体質としてどちらが良いとは言えません。
例えば、活力が高い人は、意欲的で積極的だけど、自己中心的で横暴になりやすい、活力が低い人は、体力も弱く消極的になりやすいけど、優しくて平和主義者となりやすい、などの個性として観ていただきたいです。



■生命線が囲む親指の根元の大きさは活力の大きさ

上図をご覧ください。
一言で言ってしまうと、「生命線が囲む親指の根元の大きさ」=「活力の大きさ」

生命線が囲む親指の根元には、金星丘と第二火星丘という盛り上がりがありますが、この盛り上がりが豊かで張りがある人ほど活力が高いと言えます。
つまり、この盛り上がりの面積が大きいほど活力も高いと判断します。

では、標準と活力の高い・低い生命線の位置を見てみましょう。

<A> 生命線の起点(根元)が親指の根元寄りか、人差し指の根元寄りか

(行動面として出やすい活力の高さ)

★起点が中央辺りから出ている=「標準的活力」
・前向きなバランス人間、常識的行動
★起点が人差し指側に寄っている=「活力が高い」
・積極的、行動的、野心家、自信家、努力家
・自己中心的、横暴、頑固
★起点が親指側に寄っている=「活力が低い」
・優しい、平和主義者、堅実で安定的
・消極的、内向的、逆にストレスが溜まりやすく反抗的でイライラしやすくもなる

<B> 中指中央から手首中央を結んだ架空線を生命線が越えるか、越えないか

(肉体面・精神面として出やすい活力の高さ)

★生命線が中央線の位置と同じくらいまで伸びているか張り出している=「標準的活力」
・温和で適応力がある、良妻賢母、一般的体力
★生命線が中央線を越えている(末端もしくは途中の張出しが)=「活力が強い」
・スタミナが旺盛、生命力が強い、包容力が高い、粘り強い
・負けず嫌い、ワンマンになりやすい、浮気しやすい
★生命線が中央線まで届かない=「活力が弱い」
・おしとやか、気遣えるやさしさ、おとなしい従順、繊細
・神経質、体力が弱い、精神的に脆い、疲れやすい

<同じ起点、同じ中央線までの標準的生命線でも囲む面積は変わる>

★弧を描くような生命線=「活力が高い」
・頑丈で忍耐力が高いが、体力を過信して無理しすぎて血液循環器系に負担
★下に垂れるような生命線=「活力が低い」
・病弱なストレス体質で精神疾患にかかりやすいが、健康に気遣えて、無理しない

以上のように、いずれの基準も、生命線で囲む面積をパッと見て大きいか小さいかを見て、その大きさが活力の大きさと比例するものとみていただければと思います。

<合わせてみておきたい生命線、体力、健康を観る見方>
【手相】子宝に恵まれる手首線ってどんな線?
【手相】浮気しやすい人の手相を知って婚活に活かす
【手相】健康線がないのですが、長生きできますか?
・生命線が短いと短命ですか? 寿命と流年法

■活力の高さは、忍耐力や無理が利くかどうかの目安にもなります

今回の見方は、あくまで、生命線の出方で観る目安のようなもので、実際の鑑定では、他の線はもちろんのこと、生命線でも乱れ方や色、濃さ、長さ、切れ、支線など総合判断で見ていきます。

しかし、今回のチェックはパッと観れる基本的生命線の見方でもあり、パートナーや気になる人の、体力・精力や行動力を知る目安にもなり、活力が高い人は精神的にも肉体的にも無理が利きやすい人と言えます。
その分、頑張り過ぎたり、常に落ち着かないような行動で、セカセカした感じにはなるので、落ち着いた大人しい人や優しい人をパートナーに求めるならば、活力が低い人の方が落ちつけて癒される関係になるかもしれません。

あなたはどっちのタイプでしたか?


新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!



手相セラピスト:花岡正人

WRITTEN BY 花岡正人

花岡正人
★手相セラピスト 花岡正人のウラスピナビ手相記事一覧は、 http://uraspi.com/au...