とうとう、神様の怒りに触れてしまいました。タロットカードの中でも、最悪と言えるカードの登場です。

塔は人間が作り上げた傲慢の象徴。人間のおごり高ぶった権威や信念を、雷の一撃によっていとも簡単に崩壊させてしまうのです。

正位置でも逆位置でも、塔のカードは破壊と崩壊を意味します。それは避けられない神の怒りを示しています。
220px-rws_tarot_16_tower

【悲報】とうとう神の怒りに触れました XVI THE TOWER 塔

塔のカードは、突然の崩壊や物事の分断されるような終局を表しています。突然の別れや、予期せぬ事態が、強制的に今を変えてしまいます。

具体的には、仕事での失敗や倒産、人間関係の破局、事故や災害により生活自体が脅かされる事態となって、目の前に立ちはだかることでしょう。

これは、神仏の怒りに触れた事が原因です。人の飽くなき欲(XV悪魔)が神仏の怒りをかったようです。

カードの絵柄は、神仏の怒りを表すと共に、神仏のお仕置きとも慈悲とも取れる行為を描いています。

雷を落とし、頭から突き落とすその行為は、一見、お仕置きとも見えますが、頭を打つことによって、その我欲を落とそうとしているのかもしれません。

また、崩れ落ちる塔は、バベルの塔と言われています。旧約聖書の創世記に出てくるこの塔は、神がその塔と周りの街づくりを頓挫させた、と言われています。

このカードは、人の欲望や邪気の部分を戒めるという事を意図しているのです。

【カードの意味】

☆正位置 失敗を招き信頼を損ね、破局を迎える

[恋愛・結婚] 突然の別れ・ケンカ別れ・浮気がばれる・堕落した関係・異性関係で痛い思いをする・堕胎・強姦
[学業・仕事] 大きなミスを犯す・致命的な間違い・とんでもなく悪い事態を招く・大失敗・不満が爆発する・リストラされる・倒産・退学処分・経営の交代・損失・降格・赤字
事業家・自衛隊・警察官・鉄鋼関係の仕事等、良い
また、暴力に関係する仕事関係者・窃盗盗賊関係者には良い
[身体] 急病や不慮の事故に注意
負傷・熱病・外科的治療を要する事に注意
[遊び] アクシデントが続く。やめた方が無難。
[財] 破産

☆逆位置 正位置の意味とさほど変わらない悪さ。緊迫した状態や窮地に陥る

[恋愛・結婚] 熱意の冷めた愛情・気持ちが良くない方に変わる・燃えない恋愛・ケンカが絶えない・緊迫している仲
[学業・仕事] 先が見えない状況・成績や業績の悪化・無実の罪を着せられる・ワナにはまる・緊迫した経営状態
[身体] 不摂生・不養生がたたる
[遊び] 口は禍の元
[財] 貧困

【星占いとの関連キーワード】

おひつじ座・さそり座・やぎ座・天王星・火星
化学薬品・エンジン・モーター・スポーツカー・パトカー・消防車・単車・レース場・賭博場・軍事基地・警察署・ルビー・刃物・機械

参考文献:「タロット占い」 アレクサンドリア木星王著
西東社 「タロット占い入門」 葵和歌著 新星出版



WRITTEN BY うめざわ みき

うめざわ みき
【募集】 あなたのお悩み、お寄せください。花札に聞いてみてください。 思わぬ発想の転換があるかも...