【誕生数の出し方】

生年月日の数字を全て一桁になるまで加算します。例えば2017年12月29日に生まれた場合「2+0+1+7+1+2+2+9」と計算します。合計は「24」と二桁になるので、更に一ケタにするために「2+4」となり合計は「6」。つまり『2017年12月29日生まれの誕生数は6数』となります。ご自分やお知り合いの誕生日でも試してみてください。
では、今回は誕生数「6数」の残念なところです。

誕生数「6数」、実は……


出典:無料素材画像 写真AC

誕生数6数の人は、親切で愛情深く人の役に立つことを率先して行える奉仕精神を持った面倒見の良いタイプです。人と接する時も物腰が柔らかく親しみやすいため印象も良く人から好かれます。また6という数字は「調和」を意味する数字のため、争い事は好まず「愛情や美や芸術」を求めて人生を楽しむ方が非常に多いのです。そのためアーティストも6数の有名人は非常に多く、そうでない人も自分なりの美学を持って生きています。少々おっとり、鈍感な印象を与えますが、マイペースに信用を得ていく人です。





意外と頑固

誕生数6数は、こんな一見平和主義の穏やかな人に見えるのですが、信念や考えを簡単に変えない「静かな頑固さ」を持ち合わせています。一度確立した考えや信念は、周囲から直すように言われてものらりくらりと対応して簡単に変えることはありません。そういう意味では弱そうに見えて中身は頑固一徹の硬さを持っている人なのです。そのため妙に不器用な生き方をしてしまいがちで、臨機応変な対応が苦手なのです。

親切とおせっかいの区別がつかない?


出典:無料素材画像 写真AC

誕生数6数の人は、親切とおせっかいの区別がつかないという最大の弱点を持っています。本人に自覚は無いのですが、親しくなった人には必要以上のおせっかいをやいてしまうこともあります。また、人間関係には理想的調和を求めがちで相手に対して無意識に多くを求め理想化しがちです。意外とそのことで人が去っていくことも少なくないのですが、6数の人はむしろ裏切られた感覚に陥りがちです。他人のために努力しても「その人のためにやっているのに感謝されない」という結果になっているときは親切の押し売りをしていないか注意しましょう。

やさしい愛の鎖で支配したい?

6数は「愛の数字」でもあるため、恋愛に対しては非常に理想的な意識を持っています。その愛情深い思いは、ある意味非常に重い愛の鎖にもなり、相手を私物化してしまうことも。気がつくと優しい愛情という名の鎖で相手を支配しようして溺愛しかねないのです。ですが、その愛し方はダメ男に捕まることも少なくなく、相手に振り回されている女性も多く見受けられます。また全身全霊をもって愛情を注ぐため別れが訪れると半身をもがれるような苦しみを経験することも。失恋の傷を引きずりやすいのもこの数字の特長です。時には可愛さ余って憎しみに転換してしまい、ずっと元カレを恨んでいたり男性不信で悩むことにもなりかねません。恋愛を理想化しすぎないように注意しましょう。

さて、誕生数6の人の残念な性質でした。皆さんはどれくらい当てはまっていたでしょうか? また別の数字の現れる残念な部分をご紹介します。こうご期待!





古今東西運命学探求家:CHAZZ

WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...