数秘術と言えば、TV番組や雑誌の占いコーナーにもたびたび登場する占いの一つです。特に誕生日から導き出す「誕生数」は確かなパーソナリティ診断が出来ると定評があります。
それ故に数秘術が導き出す性質は「素晴らしい」側面だけでなく「残念」な側面もしっかり暴き出してしまいます。
今回は「残念な数秘術」と題して9つの誕生数の中の「4」が持つ「残念な部分」や「注意すべきNG行動」に焦点を当ててみます。ご自身の誕生数ならば自分を省みる材料に、そして他人の誕生数はコミュニケーションを取る時の参考にしてもらえれば幸いです。

【誕生数の出し方】

生年月日の数字を全て一桁になるまで加算します。例えば2017年12月29日に生まれた場合「2+0+1+7+1+2+2+9」と計算します。合計は「24」と二桁になるので、更に一ケタにするために「2+4」となり合計は「6」。つまり『2017年12月29日生まれの誕生数は6数』となります。ご自分やお知り合いの誕生日でも試してみてください。
では、今回は誕生数「4数」の残念なところです。

誕生数「4数」、実は……

出展:無料写真素材 写真AC

誕生数4数は一言で表すならば「デキる」人です。実務能力の高さは数字の中でも一番。タフで頑張り屋なのでどんな分野でも実績を上げる、まさに仕事がデキるキャリアタイプです。そのため仕事の条件が悪くても自分の能力が活かせる環境や仕事ではブツブツ文句を言いながらも結局頑張ってしまうため、ブラック企業でも働けてしまうような所も4数の長所であり短所なのです。そんな4数の残念なところは、能力や実務に対しては優秀ですが、人間関係においては最も問題が生じやすい数字でもあります。自分ではそのつもりが無くても、人間関係では情を軽視しすぎてしまうのです。

最も融通が利かない数字

誕生数4数は自分なりの価値基準がハッキリしている数字です。質実剛健で保守的なイメージがある4数ですが、実は社会的に保守主義という訳でなく「自分のルールに関して保守的」なのです。そのため、自分のルールを押し通してしまう傾向があるため「融通の利かない人」「頑固で人の話を受けれない人」というイメージも持たれやすいでしょう。酷くなると自分の中の常識が法律のごとく正しいと思い込むような部分もあります。





「できない」ことが理解できない?

誕生数4数は基本的に能力主義です。頑張ることが自然なので、自分のできることが上手にこなせない人に出会うと「なぜ、こんなことができないのかわからない」と感じてしまいます。そのため相手の気持ちを考慮せずに「どうして、この程度のことが出来ないの?」と人を見下すような意見を言って、相手を傷つけてしまうこともあるでしょう。ですが4数の問題点はこれを自分に対しても行ってしまうことです。数字の中で一番完璧を求めてしまう4数は自分自身への要求も人一倍高いのです。そのため失敗すると自分自身を見下してしまったり長期的に引きずってしまいがちです。そういう意味でも4数は全ての数字の中で最もコンプレックスを抱えやすい数字です。

恋愛は減点方式?

4数は真面目で誠実ですが、他者から「冗談の通じないタイプ」と思われるような行動をしてしまいがちです。自分なりの恋愛観や結婚観があるため柔軟な対応が苦手なのです。それに4数の人の一番の問題点は恋愛と結婚を切り離した発想が苦手で、恋愛するにしても最初から「結婚にふさわしい人か?」と相手に期待しすぎた判断をしてしまいがちです。それが相手にプレッシャーを与える状況になってしまう可能性があります。そして4数の他者評価は全て減点方式のため「ここがダメだからマイナス5点~」という発想のため落段点以下になった途端に冷たい対応するような、情の薄い行為をしてしまう傾向があります。4数の人は相手の立場や気持ちに立って考えられるようになれば、能力の高さから成功できる可能性が一番高い数字でもあります。共感能力を高めることを意識してみましょう!

さて、誕生数4数の人の残念な性質でした。皆さんはどれくらい当てはまっていたでしょうか?また別の数字の現れる残念な部分をご紹介します。こうご期待!





古今東西運命学探求家:CHAZZ

WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...