魚座の皆さん、お誕生日おめでとうございます。
2月19日~3月20日、太陽は魚座エリアに滞在します。
自分のテリトリーに輝く太陽が戻ってくる魚座の人にとってはHappyな1カ月。
魚座以外の方は魚座を意識することでHappyのお福分けをいただきましょう。
アストロ開運フード研究家の星野佳代が魚座にぴったりのイタリア料理をご紹介します。

「魚座」は愛に満ちた星座


出典:無料素材画像 イラストAC

占星術の世界では一年は牡羊座で始まり、魚座で終わります。
これは昔から続く宇宙の法則です。

2月19日、太陽が魚座に入宮しました。
最後の星座の魚座を太陽が運行するこの時期、会社や学校の年度末と重なり、一年間の締めくくりのような印象もあります。
友人や同僚との別れを前に、一年間の出来事を思い返す人も少なくないかもしれません。そして次のステージへの希望や期待に胸を膨らませる余裕もこの時期はあるかもしれません。

「海は広いよ~大きいよ~」

海の王様「海王星」を支配星に持つ魚座の人たちは、海のように広くて大きな器を持つ人たちです。人に対しての思いやりがあり、無償の愛に満ちた優しい星座。
全ての星座の要素を少しづつ持ち合わせるので、何事にも境界線を持たない星座と言われています。どんな人とも容易に交わることができるため、自分を傷付ける人以外なら誰でも受け入れてしまいます。そのため人を信じ過ぎてしまう傾向にありますが、周囲の人たちは確実に魚座の愛に癒されているのです。

空の上の魚座に注目してみましょう。
現在「太陽」「水星」「金星」「海王星」の4つの天体が魚座に滞在しています。魚座のパワーが強まり「大きな愛」に満ちたエネルギーを感じます。
「愛」にはさまざまな形があると思いますが、2018年の魚座シーズンは軽快でインパクトのある「愛」から始まり、徐々に深い愛情に変化していくイメージが感じ取れます。いずれにしても、そこには大きな「愛」が存在するだろうと思います。

「魚介」と「お酒」が魚座の開運を導く


出典:無料素材画像 写真AC

大きな愛を感じとり、次のステージへの準備を整える時期。
あなたをサポートしてくれるのは魚座のアストロ開運フードかもしれません。

海王星を支配星の持つ魚座の開運食材はズバリ! 魚介類全般!
魚座(=魚の星座)というくらいですから、この時期に魚介を食べていると不思議とHappyな気持ちになるのは私だけでしょうか?
自分の気持ちがHappyになるとHappyを引き寄せる。と言われていますよね。

魚座のキーワードの一つに「スピリチュアル」という言葉があります。
スピリチュアル(=霊性)とは、目には見えない不思議な力を指す場合もあります。
そう考えると、「引き寄せ」「開運」「インスピレーション」「イマジネーション」などもスピリチュアルの一つと言えるのではないでしょうか。
そう、私たちはみな少なからずスピリチュアルな力を持ち合わせているのだと思います。

魚座は「夢」「幻想」「現実ではない曖昧な世界」を司る星座でもあります。
そんな意味合いから「アルコール」も魚座の開運食材と言われています。
アルコールを少し嗜むことでより魚座的開運に繋がることでしょう。

今回は魚介と白ワインを使ったイタリア料理「ボンゴレビアンコ」のレシピをご紹介します。
2018年の魚座シーズンは魚座のエネルギーがとても強く感じます。
是非魚座のアストロ開運フードをお試しください。




ボンゴレビアンコ召し上がれ!

ボンゴレビアンコ。
皆さんも良くご存知のパスタですね。
イタリア語でボンゴレは「アサリ」の意、ビアンコは「白い」という意味。
名前のとおり、白ベースのアサリのパスタを「ボンゴレ・ビアンコ」と呼びます。
アサリを白ワインでボイルして、その出汁をスパゲッティなどのパスタと和えていただきます。

もう一つ「ボンゴレ・ロッソ」もよく耳にすると思います。
ロッソは「赤い」という意味で、こちらはトマトやトマトソースを入れ、赤色に仕上げたのアサリのパスタのこと。

ボンゴレのパスタはもともとは南イタリアのナポリ周辺で生まれたお料理ですが、今ではイタリア全土の海沿いの町で美味しいボンゴレビアンコやボンゴレロッソをいただくことができます。
イタリアではアサリは意外と高価な貝なんですよ。
ムール貝やその他の貝の方がお安いのです。
イタリアでボンゴレを食べる機会があれば、このことを思い出してくれると嬉しいです。

「白」と「赤」どちらもボンゴレは美味しいですよね。私も両方大好きです。
でも魚座を意識するなら、はやり今回はボンゴレビアンコがおすすめです。
魚介と白ワイン(=アルコール)、魚座の開運食材の要素が二つ加わります。

今回のレシピではアサリ以外に海老も入れ、彩り良く仕上げました。
二つの魚介を使うことにより、お出汁に複雑さも加わります。
是非美味しい「ボンゴレビアンコ」をお試しください。

【魚座のボンゴレビアンコ】


photo by 星野佳代

 <材料 二人分>
スパゲッティ         150g
あさり            200g前後
海老(殻なし)        30g
にんにく           1片
オリーブオイル       大さじ2
バター            10g
白ワイン           60㏄
アンチョビ          1枚
パセリのみじん切り      少々
塩・こしょう         適量

<作り方>
①あさりは砂抜きをしておく。
パセリはみじん切りに、にんにくは薄切りにする。
海老は背ワタを取り除き、細かく切る。
②フライパンにオリーブオイル、にんにく、アンチョビを入れ、弱火で香りが出てくるまで火にかける。
③バターを溶かし、あさりと海老を加えサッと炒める。
パセリと白ワインを加え殻が開いてくるまで蓋をしてボイルする。
④あさりは10個ほど飾り用に分けておき、他は殻からはずしてフライパンにもどす。
⑤パスタは既定の時間より2分早めに上げ、あさりのソースにを加える。
塩、こしょうで味を調える。
パスタの固さが丁度良くなるまで、しばらくソースの中で火をいれる。
(水分が足りないようだったら、パスタの茹で汁で調整する)





アストロ開運フード研究家・占星術アロマセラピスト 星野佳代

WRITTEN BY 星野佳代

星野佳代
星野佳代の占星術アロマテラピーセッション 東京「池上」の自宅サロンにて個人セッションを行っています...