数秘術と言えば、TV番組や雑誌の占いコーナーにもたびたび登場する占いの一つです。特に誕生日から導き出す「誕生数」は確かなパーソナリティ診断が出来ると定評があります。
それ故に数秘術が導き出す性質は「素晴らしい」側面だけでなく「残念」な側面もしっかり暴き出してしまいます。
今回は、「残念な数秘術」と題して9つの誕生数の持つ「残念な部分」や「注意すべきNG行動」に焦点を当ててみます。ご自身の誕生数ならば自分を省みる材料に、そして他人の誕生数はコミュニケーションを取る時の参考にしてもらえれば幸いです。

【誕生数の出し方】


出典:無料素材画像 写真AC

生年月日の数字を全て一桁になるまで加算します。例えば2017年12月29日に生まれた場合「2+0+1+7+1+2+2+9」と計算します。合計は「24」と二桁になるので、更に一ケタにするために「2+4」となり合計は「6」。つまり『2017年12月29日生まれの誕生数は6数』となります。ご自分やお知り合いの誕生日でも試してみてください。
では、今回は誕生数「2数」の残念なところです。

誕生数「2数」、実は……


出典:無料素材画像 写真AC

誕生数2数の人は、1数の人と違って強引とは真逆にある柔軟な対応力をもっています。結構クールでマイペースですが、その柔軟さで周囲と上手く付き合っていくのです。主体性はありませんが、2数の強みはその主体性の無さにあります。そのため切り替えも上手でみんなと歩調を合わせるのが得意な世渡り上手な人も多いのです。その柔軟さと平和主義の性質から、人と争うことを上手に回避していますが、2数は基本的に「内弁慶」です。そのため親しい人や家族の前では突然ワガママを言って相手を振り回すことも。本当に心を許せる人にしか、ワガママな部分を出せないところもあるので、周囲から「相手によって態度が違う」「計算してる」と思われ誤解される事も少なくありません。





実はかなり現金なタイプ?

誕生数2数の人は、その主体性の弱さと柔軟な対応力と共に損得勘定の判断が上手です。今までやっていたことに将来性がないとわかれば、すぐに別の方法を模索することができます。そのため、他人からものすごい現金なタイプと思われることも。特に人生の目的ややりたい事が明確ならば問題ないのですが、それがハッキリしない2数の人は「とりあえず得する方に~」という単なる損得勘定の生き方になりがちです。それが過ぎると周囲から「結局金でしょ?」なんて思われちゃいます。

優柔不断はもはや本能?


出典:無料素材画像 写真AC

誕生数2数は、最終決断を求められることが苦手です。主体性の弱い2数の人は他人が決めたことを効率よくアレンジすることが得意ですが、自分自身で決定することは不得意です。そのため「優柔不断な対応」は第二の本能と言ってもいいでしょう。もともと繊細で傷つきやすい面があるため悲観的になりやすく、責任を負うことに関して恐怖を感じる事も多いのです。その責任から逃げるために強い立場の人や異性にコバンザメのように引っ付いて依存してしまうこともあるのです。

全ては「快・不快」で決定?

誕生数2数の人は、論理よりも感覚で物事を決定するのが慣れているため、理論的に答えを説明するのがちょっと苦手。どこかメルヘンの中で生きているようなタイプと思われがちです。そのため2数の人は感覚の中から生まれる「快か?不快か?」という選択をしてしまいがちです。その感覚は意外と鋭いので侮れないのですが、明確な説明をされない周囲は困惑することが多いかもしれません。

失恋すると立ち直れない?

2数の人は恋愛には事欠かないタイプです。「一人でいるのが寂しい」という理由だけで、それほど好きではない人とも「不快な部分が無い」という理由で恋愛できちゃうのも2数の特徴です。人に優しく接する態度も含め相手に勘違いされることも多く、押しの強い相手だと断るのが苦手というだけで、とりあえず付き合ってしまうこともできる問題児も!性的には未成熟な人が多く男性はセックスアピールが弱い人も多いのですが女性は不思議な清潔感が逆に男性を引き寄せる魅力になっている人もいます。

さて、誕生数2数の人の残念な性質でした。皆さんはどれくらい当てはまっていたでしょうか? また別の数字の現れる残念な部分をご紹介します。こうご期待!





古今東西運命学探求家:CHAZZ

WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...