数秘術と言えば、TV番組や雑誌の占いコーナーにもたびたび登場する占いの一つです。特に誕生日から導き出す「誕生数」は確かなパーソナリティ診断が出来ると定評があります。
それ故に数秘術が導き出す性質は「素晴らしい」側面だけでなく「残念」な側面もしっかり暴き出してしまいます。
今回は、「残念な数秘術」と題して9つの誕生数の持つ「残念な部分」や「注意すべきNG行動」に焦点を当ててみます。ご自身の誕生数ならば自分を省みる材料に、そして他人の誕生数はコミュニケーションを取る時の参考にしてもらえれば幸いです。

【誕生数の出し方】


出典:無料素材画像 写真AC

生年月日の数字を全て一桁になるまで加算します。例えば2017年12月29日に生まれた場合「2+0+1+7+1+2+2+9」と計算します。合計は「24」と二桁になるので、更に一ケタにするために「2+4」となり合計は「6」。つまり『2017年12月29日生まれの誕生数は6数』となります。ご自分やお知り合いの誕生日でも試してみてください。
では、今回は誕生数「1数」の残念なところです。

パワフルで前向きな誕生数「1数」、実は……


出典:無料素材画像 イラストAC

誕生数1の人は独立心が強く前向きで、男女共に上昇志向が強いタイプが多いです。頭の回転も速く、じっくり考え検討して行動するよりも思いついたら一気に進む行動力に恵まれています。調子の良い時は人を巻き込むパワーもあり一緒にいるとポジティブになれる人です。そんな誕生数1の人は、やりたい事や目標があれば即実行するパワーに満ちていますが、オンオフがハッキリしすぎているため、やりたいことが見つからないと急にやる気を失い「単なる面倒くさがりの怠け者」になってしまいます。行動が制限されたり自由な発想が許されない環境にいたり、他人と無理やり歩調を浅瀬無くてはならないような環境にいると「居場所がない」と感じて急激にエネルギーが出なくなるのです。

意外の周囲の目を気にしている?

誕生数1の人はパワフルなので、一見すると周囲の事などお構いなしで「オレがオレが!」の自己中心タイプに思われがちですが、意外と他人の評価が気になってしまう「見栄っ張りで臆病」な部分を隠し持っています。そのため、周囲の目など全然気にしていないと空威張りをしていても、一旦状況が不利になると、急に他人から「どんな風に思われているか?」ばかりが気になって折角の行動力や決断力が鈍ってしまうことがあります。





反省の仕方がわからない?

誕生数1の人は残念なNGポイントは「反省の仕方がわからない」ところです。例えば仕事で上司から叱責され「反省して今後は頑張りなさい」と言われても、ただ反省の仕方がわからず「落ち込んでしまう」のです。客観的に自分を見つけるのが得意ではないので、ダメな自分に直面すると反省を通り越して「自己否定」と「自己嫌悪」に陥ってしまいがちです。しかも落ち込んでいる時は人の励ましの言葉も耳から入ってこないくらい意固地になりやすいのも残念な部分。このアップダウンの激しさを自己コントロールできるようになれば、誕生数1の人は成功のカギを手に入れたもの同じです。

失恋すると立ち直れない?

恋愛における誕生数1の人は残念な部分はどこでしょう? 1数の人は、好き嫌いがハッキリしているため、中途半端な関係が苦手で直ぐにハッキリさせたがるタイプです。そのため一生のうちで沢山の恋をするタイプではありません。一度好きだとわかったらとことん貫くタイプなのです。また、思い込みで突っ走るような傾向があるため、相手の気持ちを考えない独りよがりな恋愛をしてしまうところがあります。そして、失恋するとかなり引きずるタイプで、新しい出会いがあっても過去の人を引きずって進展できないところがあります。なかなか気持ちの切り替えが出来ない不器用で残念な部分を持っているのです。焦らず時間が解決してくれるので、むしろ気分転換のための方法を見つけましょう!

さて、誕生数1の人の残念な性質でした。皆さんはどれくらい当てはまっていたでしょうか?
また別の数字の現れる残念な部分をご紹介します。こうご期待!





古今東西運命学探求家:CHAZZ

WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...