あなたは冬至というと何を思い浮かべるでしょうか。
冬至とは、北半球で言えば一年で一番昼が短い日であり、南半球で言えば一年で一番夜が短い日の事です。夏至と対をなします。
つまり、ここ日本においては、ある意味冬至は太陽の力が一番弱まっている日と言えるでしょう。そして、この日を境に翌日からは再び太陽の力が日に日に甦って来ることとなります。
今年の冬至は12月22日(金)です。
冬至の日を境に運も上がってくると考えられるこの日。
今月はこの上昇パワーを味方につけるために、冬至にやっておいた方が良いことを、血液型別に花札さんに聞いてみました。





~ゆず湯に入ろう!~


出典:無料素材画像 写真AC

冬至の定番中の定番です。いつものお風呂にゆずを入れて、ゆず湯に入りましょう。
ゆず湯の由来ですが、一説によれば、冬至と湯治・ゆずと融通の語呂合わせで、冬至にゆずの入ったお風呂に入る事は、ゆずが効く、イコール融通が効くといった意味があるようです。
また、強い香りのものは邪気を払うといわれており、香りの強いゆずをお風呂に入れる事は邪気払いであるとも言えるようです。


photo by うめざわみき

【A型】

まず、ゆずを絞りましょう。絞ったゆずの果汁はお料理に使い、身体の中からビタミンたっぷりのゆずの効果を期待しましょう。果汁を絞った後の皮は、湯船に浮かべて、その香りを楽しんでください。

【B型】

単純にお風呂にゆずを浮かべるだけではなく、日本酒をプラスして入れましょう。日本酒は、血液循環の促進や保湿保温などの効果が期待されます。そして、ゆずの邪気払いの効果と、神様にささげるお酒である日本酒の開運パワーをダブルで取り込みましょう。

【O型】

お好みの数のゆずを2~4つに割って布袋などに入れ、お風呂に漬けましょう。そして、お風呂に入りながらこれを良く揉んで、果汁を絞りだしつつ、その香りを楽しみ、果汁を肌につけたりしながら、ゆずで邪気払いをしましょう。
ただし、ゆずの果汁はちょっと尖った感覚もあるので、お肌の弱い人は直接果汁の原液を肌につけないようにお願いいたします。

【AB型】

たくさんのゆずを丸ごと湯船に浮かべて、香りそのものを贅沢に楽しみましょう。場合によっては、ゆずを丸ごと良く揉んで、その果汁をお湯に混ぜても楽しめるでしょう。たくさんのゆずを使う事で、目にも鼻にも楽しい、脳がリラックスできる空間を作りましょう。

~食べよう!~

冬至に食べると良いと言われている物があります。これらのものは、語呂合わせで風習となって食べられてきたものや、その土地の特産の物など、地産地消で生活の知恵が詰まった物が冬至に使われるようになったのだと思われます。


photo by うめざわみき

【A型】かぼちゃ

かぼちゃは冬至に食べる物の定番中の定番です。
かぼちゃ自体は夏に収穫されますが、貯蔵されたかぼちゃは、ちょうど冬至の頃が食べ頃です。かぼちゃの煮物をはじめとして、土地によっては小豆かぼちゃにして食べたり、ほうとうに入れて食べたりされてきたようです。
A型さんもおいしいかぼちゃを食べて、冬を乗り切りましょう。

【B型】小豆

小豆は赤い色をしています。この赤は、昔から邪気を払う色として知られています。小豆粥にして食べたり、小豆かぼちゃとして食べたり、また、お汁粉などにしても良いですね。B型さん、小豆を食べて邪気を払いましょう。
また、冬至に小豆粥を食べると疫病にならない、という風習もあるようです。

【O型】「ん」(運)のつく食べ物

冬至に「ん」のつく食べ物を食べると、「運」が呼び込めると言われています。これを運盛りと言います。
にんじん・だいこん・れんこん・ぎんなん・きんかん・なんきん・うどん等。O型さんのお好みに合った食べ物を選んで、「運」を呼び込みましょう。

【AB型】こんにゃく

こんにゃくは、砂おろしとも言われ、身体の中の悪い物を出すために食べることもされてきました。元々はお寺の精進料理から来たもので、胃のほうきとも、腸の砂おろしとも言われてきたようです。これが冬至に食べられるようになったようです。冬至にこんにゃくを食べて、AB型さんも身体の中の悪い物を出して、開運体質になりましょう。

~「一陽来復」のお守りをいただこう!~


出典:無料素材画像 写真AC

冬至前、日に日に昼間の時間帯が短くなってゆくこの現象を、陰陽の世界観で言えば、陰がどんどん大きくなって冬至で極大すると捉えます。冬至を過ぎると、今度は陽が日に日に大きくなってゆきます。このことを一言で表すと「一陽来復」ということになります。この「一陽来復」は、これからどんどん上昇しますよ、といった、パワー溢れる言葉です。
この「一陽来復」を金運のお札・お守りとして、期間限定で授与されている神社さん・お寺さんがあります。一文字違いで「一陽来福」として授与されているところもあります。このお札の貼り方には独特のルールがありますので、しっかりと調べて貼ってくださいね。

photo by うめざわみき

【A型】早稲田の穴八幡宮

こちらの「一陽来復」のお札・お守りは、授与の季節になると、特に冬至の日などは長蛇の列が見られたりします。とても効果の高いお札であると、全国的にも有名です。

【B型】出雲大社相模分祠などの地元の神社さん

自分の住んでいるところから近い神社さんのお札・お守りをいただいてください。地元の神様は、常にあなたのことを守ってくださっています。

【O型】四谷の須賀神社や渋谷の金王八幡宮など

こちらも知る人は知る、有名な神社さんです。そのご利益の高さも有名です。

【AB型】早稲田の光松山放生寺さんなどのお寺さん

こちらは、お寺さんでの授与になります。

以上が、花札さんがお薦めする血液型別の冬至の過ごし方です。
冬至は「陰極まって陽となす」の日で、翌日から徐々に陽の気が大きくなっていきます。これに伴って、運が上がってくる上昇運のある日です。
冬至のパワーをたくさんいただき、これから迎える新年をより開運しやすい方向に持っていくためにも、ここで開運のスタートを切っておきましょう。

ありがとうございました。





花札鑑定師:うめざわみき

WRITTEN BY うめざわ みき

うめざわ みき
【無料花札鑑定の希望者募集いたします!】 あなたの抱える様々なお悩み、花札さんに聞いてみませんか?...