姓と名の相性を“音”で診る……漢字の画数、語源に匹敵する重要度

東洋占術をかじったことがある方なら、“音の五行”という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
姓名判断に於いては漢字の画数、漢字の語源が重要なのはもちろんですが、“音の五行”も、姓名の鑑定に於いては大変に重要なファクターです。今回は、『この音で始まる姓をお持ちの方には、この音で始まる名前が幸運を呼ぶ』という“音の五行”の原理をご紹介したいと思います。

木(もく)、火(か)、土(ど)、金(こん)、水(すい)……五元素の基本を知る


出典:無料画像素材 イラストAC

音の五行とは、中国に古くから伝わる「万物は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(こん/鉱物)、水(すい)の5つの元素から成り立っている」という思想です。姓名学の観点で言えば、これは互いの力を強め高め合う『相生』関係と、対立して互いを弱める『相剋』関係に分かれます。相性が良い組み合わせを「相生」と呼び、相性の悪い組み合わせは「相剋」(そうこく)といいます。
相生の関係はお互いの運勢を高め合い、相剋関係だと、お互いを邪魔し合い、傷つけ合う(弱め合う)関係となります。 姓名のバランスに良し悪しは、漢字の画数や語源だけでなく、この五行によっても左右されます。
五行の組み合わせによる力関係と意味については、以下を参照ください。





姓が“ヤ”行で始まるなら、名は“サ”行で始まる音から選ぶと良いーその理由

五行は、姓の頭文字と、名の頭文字をそれぞれ木行、火行、土行、金行、水行に分け、姓名のバランスを観ます。姓の頭文字と名の頭文字が相生関係であれば、名前のバランスが良く人生航路も旨くいくでしょう。反対に相剋関係であれば、どこかで邪魔が入ったり
なかなか物事が思い通りにいかないといったマイナスを背負う暗示があると言えます。
五行の組み合わせによる力関係と意味については、以下を参照ください。

木……カ行
火……タ行、ナ行、ラ行
土……ア行、ヤ行、ワ
金……サ行
水……ハ行、マ行

例えば、“山田さん”という苗字の人なら“土”で、“中村さん”という苗字の方は“火”ということになります。
ご自分の苗字が、どれに当てはまるか理解できましたでしょうか。
以上を頭に入れた上で、相性の良い音(相生)と悪い音(相剋)を以下に示します。

木……良い → 木・火・水  悪い → 土・金
火……良い → 木・火・土  悪い → 金・水
土……良い → 火・土・金  悪い → 木・水
金……良い → 土・金・水  悪い → 木・火
水……良い → 木・金・水  悪い → 火・土

※『相生』の関係例

木行 → 火行 木は燃えて強くなるので吉。
火行 → 土行 火は燃えて、灰になります。
土行 → 金行 土の中には、鉱脈があります。
金行 → 水行 金属は結露し、そこから水が生じます。
水行 → 木行 水は、木を育てるので大吉です。

※『相剋』の関係例

木行 → 土行 木は、土の養分を吸い上げてしまうので凶です。
火行 → 金行 火の熱は、金属を溶かしてしまいます。全て失う暗示。
土行 → 水行 土は、水の流れを塞き止めてしまいますので凶。
金行 → 木行 鉄は斧となり、木を倒すので傷つけ傷つけられます。
水行 → 火行 水は火を消し止めるので、進化がありません。

現在、大きな成功を収めている政治家、経営者、芸能人の姓名を診ると、早くから頭角を現す方は、やはり五行のバランスも優れていると言ってよいかもしれません。命名や改名の際には、漢字の意味や画数と同様、これら“音”のバランスについても気を配っていただきたいと思います。

あなたの人生の前途が洋々であるよう、願ってやみません。





姓名学者:八田靖彦

WRITTEN BY 八田靖彦

八田靖彦
幼少期より日本史に親しみ、日本語の持つ言語的特質に着目。独学で姓名学の研究に入る。早稲田大学在学中よ...