風水という言葉の中には「水」という文字が使われていますが、それだけ風水において水は重要なカギです。水は繁栄の源を指し、水の流れを的確に把握することが風水を理解する上でとても大切だといえます。では、どのようなポイントを押さえるべきかを見ていきましょう。


出典:無料画像素材写真AC

「静の水」と「動の水」

いくらパワーの源である水といっても、適当に配置をすればいいというものではありません。基本となるのは「静の水」と「動の水」であり、水槽や噴水が望ましいとされています。特に動の水には金運を呼び込む力があるといわれており、暮らしの中にうまく取り入れていきたいものです。
水槽や噴水を設置するのが難しい場合には、湖や海が描かれた絵を飾ってみてもいいでしょう。風水は何も「これでなければダメ!」といったお硬いものではなく、代わりの物でも効果を得ることが可能です。水槽についてはただ水を入れるだけでは静の水となってしまうので、ゆっくりと水を動かしてくれる魚を入れてみるといいでしょう。西の方位は主に金運を高めるといわれています。自分の生気方位が西であれば、水槽などを西に配置することで金運をUPさせることにつなげられるでしょう。




西の方角はなぜ金運UPに効果的?

そもそも、西の方位が金運を高めるといわれているのは、龍が水を飲みにくる場所だからです。風水において龍は良い気をもたらすものとして尊ばれており、龍を留めるために西の方位に水を置いておくのが良いとされています。また、水は2日に1回程度は入れ替えて、きれいな状態を保っておくことも大切です。せっかく西の方位に水を配置しても、その水が汚れてしまっていては、龍は他のきれいな水場を求めてどこかへ行ってしまうかもしれません。

出典:ぱくたそ

心が穏やかになる住まいづくりが大切

良い気を呼び込むためには、ゆったりとした気持ちで心穏やかに過ごせる住まいづくりが大切になってきます。いくら効果が期待できるといっても、風水のことばかりを気にしてしまっては、心が休まるヒマがなくなってしまうでしょう。
化殺のアイテムは悪い気を払ったり、抑えたりする程度に留めて、後は快適に過ごせる環境づくりをしてみてください。気持ちが穏やかになることで、普段は気が付かない部分にも目が向くようになります。いっぺんにすべてを整えようとするのではなく、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に対応していきたいものですね。




WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...