皆さま、ごきげんよう! 風水心理カウンセラーの楠木あさ美です。

7月に入って九州地方で台風の影響による集中豪雨が起こるなど、梅雨が一気に集中した感があります。
あるいは各地によって猛暑が続き、熱中症や寒暖差で体調を崩す人も増えているようです。
今回は、夏を迎える直前の今にぴったりなインテリア風水をお伝えします。

海に囲まれた日本ならではの「風水」


出典:無料画像素材 写真AC

私たちが住む日本は国土の四方を海に囲まれた島国。温暖湿潤気候に属し、特に梅雨から夏にかけては猛烈な湿気が私たちの生活や健康に影響を与えます。
私の知人でスイスに住んでいるブラジル系日本人の友人が「日本は本当に素晴らしい国よ。とにかく安全だし、食べ物は何でもおいしいし、文化も最高。でも夏の蒸し暑さだけはちょっとね……」 冬の寒さに耐えられても夏の湿気はかなわない、と言うのです。

夏の暑さ、特に湿気がもたらす影響は私たちの生活や心身にとても深い影響をもたらしています。それは風水にもしかり。身の周りの生活環境を整えること、特にこの湿気対策をするだけでさまざまな運気がアップすると言っても過言ではないでしょう。

湿気=邪気(カビ対策)、クーラーや冷たい食べ物で体が冷えすぎること、寝苦しくて寝不足も運気ダウンのひとつ。 クーラー、冷え、寝不足、お風呂などで活用できる身の周りのインテリア風水をお伝えします





湿気=邪気。梅雨から夏を乗り切るための3つのインテリア風水


それではさっそく、実践しやすく、運がアップしやすいインテリア風水のポイントを3つご紹介しましょう。

病気のもとになる「邪気」は湿気のことをさすことが多いのですが、それは湿気からカビが発生し、健康を害する元になることが多いからではないかと言われています。

お家の中で特に湿気に気を付けたいのが「玄関」「エアコン」「水回り」。特に今年は一白水星の年ですので、特にこの季節、「水」のエネルギーである湿気対策を万全にすることで健康運がアップしやすくなります。

玄関:
玄関は「氣の入口」とされ、全般的に良運を呼びこむ最強のパワースポットのひとつです。家族全員が玄関から出入りするのですから、湿気が溜まる可能性も大。特に下駄箱は湿気がたまりやすい場所でもありますね。雨の晴れ間や一日お天気の時にはぜひ午前中から玄関を開け、5分でもいいので新しい空気を取り込むようにしてみましょう。玄関に窓があり、風通しが良ければベストですが、ない場合や換気扇をつけたり、傘や靴を外に出すなど、乾燥対策をしましょう。また玄関は匂いがこもりやすい場所でもあります。活性炭などの匂い対策もオススメです。

エアコン:
湿気対策にドライなど、梅雨の時期から活躍するエアコン。
実はこちらもかなりの確率でカビが発生しやすい場所でもあります。最近のエアコンにはお掃除機能がついていて、消すと同時にエアコン内の湿気も除去してくれる便利なものもありますが、エアコンもこまめにお掃除をしてあげましょう。また、夏場に活躍する換気扇や冷風機もしかり。羽根についたホコリや水をためるタンクなども気づいたらお掃除を。換気全も同じです。お家の中の空気や風を循環させるものは対人運に影響があります。キレイにすることで人間関係がアップします。

水回り:
洗面所やお風呂、キッチン、トイレなど、水回りは水のエネルギーが集中する場所です。健康運だけでなく金運にも影響しますので、湿気対策は万全にされることをおすすめします。特にお風呂場はシャンプーボトルについた水垢、天井や壁のカビが発生しやすい時期。他の水回りも排水管やパイプの匂い対策など、清潔に保ちましょう。「水のめぐりはお金のめぐり」と考えると、これはもう、キレイにするに限りますね!

風水をライフスタイルに取り入れることで、あなたの人生がもっと開運しますように。

また来週もお会いできるのを楽しみにしております!





WRITTEN BY 楠木 あさ美

楠木 あさ美
★告知:ウラスピナビ読者様限定企画:先着3名様に無料で手相ミニ鑑定いたします。①お名前②生年月日③正...