浮気する男は出世する!?女性好きな偉人3選

出典:ぱくたそ

よくメディアを騒がせる不倫問題。「不倫は文化だ」と言って非難を浴びたタレントもいましたが、今に始まったことではないようです。誰もが教科書で見かけたり、聞いたりしたことがある偉人でさえも、実は浮気や不倫をしていたという話があるそう。

教科書には決して載せられない裏話を除いてみましょう。

リヒャルト・ワーグナー

ワーグナーは今もなお世界中で演奏される名曲を残した偉大な作曲家です。

しかし、派手好き、女好きで有名。

結婚していながらも、複数の女性と交際しており、これまた有名なピアニストであるリストの娘にも手を出したようです。

音楽以外に執筆活動もしていて、死の直前まで書いていた論文は『人間における女性的なものについて』だったといいます。

ちょっと内容が気になるところではありますが、愛を求め研究し続けていたからこそ、有名な作品が生まれたということなのでしょうか。



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

アルベルト・アインシュタイン

舌を出した写真でインパクトを与えるアインシュタイン。

相対性理論を発表したことで有名な物理学者です。

大学で知り合った同級生と恋に落ちて結婚しますが、その後再従姉妹(はとこ)と不倫しているのがバレて離婚することに。

離婚調停のときに慰謝料や養育費のあてがなかったアインシュタインは、

「ノーベル賞がとれたら賞金を譲る」

という条件で離婚を成立させたというのにも驚き。

普通の人にはできないことですよね…。

ビル・クリントン

1993年~2001年に大統領を務めた人物です。

大統領就任の以前からも複数の女性と不倫していたという噂がありましたが、最も大きく注目されたのは大統領就任中の、女優のモニカ・ルインスキーとの不倫です。

やはり対抗する政党からのバッシングが大きくなり話題になりました。

書斎で性的な行為に及んだことなどでスキャンダルとなりましたが、何とか乗り切ったその裏側では、政党の強力な応援に加え、妻のヒラリー・クリントンの働きもあったということです。

不倫された立場なのに、応援する側に回ることができるなんて、ヒラリーの強さには驚かされますが、ヒラリー自身に、将来政治活動をする野心があったからとも言われています。

実際、2016年のアメリカ大統領選挙にも出ていますよね。

浮気男が出世する!?

作曲家、物理学者、政治家の不倫についてご紹介しましたが、いかがでしたか?皆さん、制作に研究に外交に忙しいだろうに、よくそこまで気が回るよな…と、ちょっと呆れてしまいます。

浮気男だから出世するといっていいかは迷いますね。

出世してもなお女性の愛を求める余力があった稀なタイプなのか…。

どうしても、人に注目される偉大なことの裏側には“孤独”があって、彼らは「癒されたい」気持ちが人一倍強いという捉え方もあるのかもしれません。


東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

WRITTEN BY 浮気調査ナビ×原一探偵事務所

浮気調査ナビ×原一探偵事務所
浮気調査ナビ×原一探偵事務所 浮気調査専門の無料相談窓口 浮気調査・不倫に関するお役立ちコラム連...