当たる★占いならデスティニー
片思い・復活愛・不倫・結婚・将来・人間関係の悩みを解決!

前回は、「イライラ」「もやもや」から分かる、あなたの「信念」についてお話ししました。
「信念」の中には、今のあなたにとって、もう必要じゃなくなったものがあって、それを教えてくれている場合もありますね。
今回は、あなたが本当はどうしたいのか、どう思っているのかを探る1つの方法をご紹介します。

「あの人、もっとこうしたらいいのに……」という想いに隠されているもの

身の回りにいる人や、TVなどで見た人に対して、「もっとこうしたらいいのに……」や、「大丈夫だよ! 〇〇だよ!」といった声掛けをしたいな~と思っていることありませんか?
もし、ありましたら、そのセリフを一度ノートに書き出してみてください。声掛けしたい人が何人かいて、それぞれメッセージが異なる場合は、すべてのメッセージを書き出してみてください。

書き出せましたら、そのメッセージの主語を「私は」に変更してみてください。

どんな文章になりましたか? 読んでみていかがですか??

実は、相手に対して浮かぶメッセージは、自分自身に対するものであることも多いのです。
すべてではないかもしれませんが、どうしても気になる人がいて、その人に対して言いたいことがある! という場合は、主語を「私は」に変えてみると、あなたの心の奥からの声に気づくことがあるかもしれません。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

あなたの会話、主語が第3者になっていませんか?

普段、あなたが口にしているセリフを思い出してみてください。そのセリフの主語は誰になっていますか?

「上司が……」
「ダンナ(妻)が……」
「子供が……」
「親が……」
「〇〇さんが……」

など、第3者になっていることが多い場合は要注意!!
あなたの人生なのに、主導権をその人に渡しているということです。

どういうことかというと、「〇〇さんがこーいうから、私はこうなっている(こうしている)」ということです。
あたかも、あなたは被害者のように感じますが、実は違います。あなたが、他人の価値基準に合わせて生きているということです。あなたがその気になれば、いつでも、あなたが主導権を握って、自由にあなたの人生を創っていくことができます。

もし、主語が第3者のセリフが多い場合は、次のように書き出してみてください。
(例)
「〇〇さんがこれはお前の役割だろ! ちゃんとしろ! という」

「〇〇さんがこれはお前の役割だろ! ちゃんとしろ! という」 ⇒ でも、私は手伝ってもらいたいと思っている」

というように、第3者で始まった文章の後に、「私は」から始まる文章を付け加えてみてください。

「私は」どうしたいのか、が分かれば、行動に移しやすくなります。

【現在参加者募集中のイベント一覧はこちら】



WRITTEN BY 涼木 ゆかこ

涼木 ゆかこ
人生マップ無料公開鑑定致します。 申込みフォーム https://www.reservestoc...