前回は、「事象は1つ。解釈は人それぞれ」というお話をしました。
湧いてくる感情は、あなたや、その人の中にある何かが反応したものでしたね。自分が何にどんな反応をしているのかが分かると、より心地よく幸せな時間が増えるということをご紹介しました。
今回は、あなたの中にあるものがどんな反応なのかを見つけるヒントをいくつかご紹介したいと思います。

「イライラ」「モヤモヤ」が教えてくれる、あなたの「信念」

以前、「鏡の法則」という本が流行ったかと思います。
まさに、私たちの周りにいる人たち、現象は、私たちの中にある「信念」を映し出してくれています。

今回は、ふと湧いてくる「イライラ」や「もやもや」が教えてくれる「信念」についてご紹介したいと思います。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

あなたの「信念」を一番見つけやすいサインに、「イライラ」「もやもや」「不満」「腹立たしさ」といった感情があります。
これらの感情の下には、あなたの「信念」が隠れています。その「信念」には、「~~するべき」「~~であるべき」というキーワードであることが多いです。

「上司は、もっと部下を優しく指導するべき」
「母親は子供中心に生活をするべき」
「新人は、自分でスキルを盗んで身につけるべき」
「人に頼らず、自立するべき」
「もっと謙虚であるべき」
などなど……

あなたの中にはどんな「べき」がありますか? これがあなたの中にある「信念」の1つです。

「イライラ」「もやもや」が教えてくれているもの

「信念」というのは、あなたを幸せにしてくれるものだけでなく、あなたにとって不都合な状況を引き寄せるものもあります。
今回見つけてもらった「信念」は、「イライラ」「もやもや」という反応から見つかったものですね。
ということは、この「信念」は、あなたを心地よくしてくれているものではなさそうです。

実は、「~べき」という「信念」は、あなた自身にあなたが「言い聞かせている」信念である可能性が高いのです。

本当は、違うことがしたいと思っているけれど、「信念」に従って我慢している。
だから、同じ「信念」を守っていない人を見ると「イライラ」「もやもや」してくる。

という仕組みになっています。

この「信念」どこからやってきたのでしょうね?
この「信念」て、本当に必要なものでしょうか?

以前は、その「信念」があったことで助かったこともあったのかもしれません。けれども、「イライラ」「もやもや」しているということは、もしかしたら、今はもう不要な「信念」なのかもしれませんね。

人は、毎日成長、変化しています。以前は役に立ったものも、今では不要になる物事は出てくるものです。

この「信念」を持つことで得ている「メリット」と「デメリット」を書き出してみてください。

もし、手放しても大丈夫そうだと感じたら、「今までありがとう!」という気持ちを込めて、手放してみましょう。

【現在参加者募集中のイベント一覧はこちら】

WRITTEN BY 涼木 ゆかこ

涼木 ゆかこ
人生マップ無料公開鑑定致します。 申込みフォーム https://www.reservestoc...