仕事や人間関係など、社会に出ているとストレスがつきものです。そんな憂鬱な気分も、アロマを日常に取り入れるだけで、気持ちをスッキリさせてくれます。
リラックス効果のあるアロマがどんなものなのか、ここで少しだけ見てみましょう。お店などで簡単に手に入るものばかりを集めてみました。

TSU170211-040_TP_V
出典:ぱくたそ

リラックスの定番「ラベンダー」

アロマテラピーの中でも、「リラックス効果」のあるもので有名なのがこのラベンダーです。精油のラベンダーの香りより、ハーブティーとして淹れたほうが香りは少し柔らかくなります。すっきりとした優しい香りが、あなたの心の緊張を解いてくれるでしょう。そして、ストレスや緊張から来る「頭痛」、「偏頭痛」などにも効果を発揮してくれます。ラベンダーは古くから「入浴剤」としてよく使われていて、温かい湯に浸かりながら、ラベンダーの香りで癒される空間を作っていたといえますね。寝る前に短い時間でもいいので寝室に焚いてみましょう。深くぐっすりと眠ることができますよ。

リンゴのような香りの「カモミール」

このカモミールは、ハーブティーの定番ともいえるものでもあります。「リンゴ」のような香りが特徴で、とてもフルーティで飲みやすいと有名です。「イライラ」や、「不安」になったとき、「緊張」した場合にこの香りを嗅ぐことで気持ちを静めてくれる効果があります。とても優しい香りのため、そのまま眠ってしまうということもあるとか……。興奮してなかなか寝付けないという場合は、このカモミールの香りを焚いて一度深く深呼吸してからベッドに入ってみてください。普段よりも深く眠りにつけるはずですよ。ちなみに、このカモミールは沈静以外にも、炎症を防いでくれる効果も持っています。そのため、昔から「民間万能薬」としても有名なのです。江戸時代に日本でもこのカモミールのうわさを聞いてオランダから取り寄せた幕府の要人もいたとか……。





Photoelly039_TP_V
出典:ぱくたそ

スッキリした香りで気分も上向き「レモングラス」

「レモンバーム」と同じように、香りが「柑橘系」に近いのが特徴で、とてもすっきりとした香りに身体の緊張も次第に解けていくはずですよ。「沈静作用」も強いので、ストレスで疲れてしまった心を癒やしてくれます。このレモングラスは抗菌作用が優れていて、足が蒸れる時期などは温かいお湯にオイルを2~3滴垂らしてから足湯をしてみましょう。水虫を予防してくれる他にも、すっきりとした香りに足が包まれ、匂い消しとしても効果を発揮してくれますよ。

いろいろな効能があるアロマですが、自分が苦手だと感じている香りだと効果が薄まってしまうことも。一番大切なのは、自分の好きな香りを選んで使用してみることです。





<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...