表情筋とは、顔の表情を作る筋肉のことです。
しかし、年齢を重ねると表情筋は衰え、ほうれい線や目尻のタルミなどに出てきます。

しかも、パソコンやスマホを長時間見ることで、どうしても顔が下向きになり、若くして顔がタルむ人も増えています。
顔がタルむと笑顔に必要な口角も下がってきてしまい、老けた上に暗い印象に。

そんな顔のタルみを改善し、素敵な笑顔を作るために、今回は歯科衛生士で表情デザイナー、笑顔サロン「natural Smile」を運営する上坂尚美さんに、表情筋エクササイズのコツを編集部Hが聞いてきました。
cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

まず、顔のタルミ度を知ろう

舌の正しい位置を確認しましょう!
軽く口を閉じた自然な状態での舌の位置は?
① 舌が上あごに着いている。  ◎
② 前歯に舌が着いている。   △
③ 下あごに舌がついている。  ×
15211628_927976584001045_612377166_n
①のように、舌が上についていて鼻呼吸ができている人は、口をしっかり閉じていられる力があるので、口の周りのシワやたるみが起こりにくいのですが、口呼吸では、表情筋を使う頻度は減ります。

筋肉は使わないと、衰えるのでたるみやシワが増えていく。なにより、口呼吸は老化の原因となるのです。
①のように舌をぐっと上あごにつけるだけでも二重顎の予防になります。

TCH(歯列接触癖)チェック

TCHとは、「Tooth Contacting Habit」(歯列接触癖)の略で、上下の歯を持続的に接触させるくせのことをいいます。上下の歯が接触する程度でも筋の緊張、疲労が生じます。
噛み癖も表情筋に現われてきます。

さっそくチェックしていきましょう。
まず、唇を閉じたとき、歯と歯はどのような状態でしょうか?

① 歯と歯は自然にくっついている  (TCH)
② 食いしばっている。        ×
③ 少し離れている。         ◎

これは③の歯が自然に離れていることが安静位でベストの状態です。
②の歯を食いしばるは、あごや頭が緊張状態になり、慢性の頭痛、肩こり、イライラに繋がります。
①くいしばりより遥かに弱い力で常に歯と歯が接している(TCH)ことでも、顔の筋肉が緊張し、表情を作る筋肉の動きが悪くなり上手く笑顔が作れなくなります。

食事の時はしっかりと噛み、それ以外では、歯と歯を離す習慣が大切です。

噛むことで表情筋が鍛えられリフトアップ!

食べ物を噛む時、左右の奥歯を使って、しっかり噛みましょう。
それにより、側頭筋(こめかみあたりの筋肉)や頬筋が鍛えられ、目尻やほうれい線が上がり、シャープなフェイスラインになり、たるみも解消します!

エクササイズを行う時の注意事項として、冬場乾燥の季節は、保湿をしてから行う事をお勧めします。(しわの予防のためです)

では、表情筋エクササイズをやってみましょう!

ウォーミングアップ~頬の筋肉を柔らかくしましょう!~

① 鏡を見ながら姿勢を正します。
② 唇を突き出し、ホッペを大きくギュッと縮ませます。縮んで4秒。
③ 唇を結んで大きくふくらませます。ふくらんで4秒。
※これを1日3、4セット

お顔が暖かくなります。この後に化粧水をつけると、普段より入りやすいのが分かるはずです。

舌グルグルエクササイズ~舌を動かして二重あごを予防しましょう!~

① 鏡を見ながら姿勢を正します。
② 唇を閉じ、舌を歯に当てないよう、歯と唇の間に舌を入れ、右、上、左、下の順番で8秒カウントしながら、唇の裏をなぞってぐるりと一回りします。
③ 一周したら同じように逆回り。舌で唇の裏の皮膚をぎゅーっと押すように思い切り行う。

※1回につき3~5セット。朝晩行う。

舌をグルグル回すと舌の付け根が鍛えられるため、アゴの下が痛くなったり、首裏が痛くなったりしますが、それは効いている証拠。
顎関節症(がくかんせつしょう)の方や、極度に痛みを感じる方は、控えて下さい。

上坂さんいわく、唾液は天然の栄養ドリンクとのこと。舌を回すと唾液がたくさん出ますが、それは成長ホルモンがたくさん分泌されているし、自分の中から分泌された物なので安心安全、若返りに効果があるのでぜひ飲みこんで下さいということです。

空気ぷくぷくエクササイズ~部分的な筋肉を動かすことで、左右対称の柔らかい表情を作りましょう!~

① 鏡を見ながら姿勢を正します。
② 右だけ空気を入れてふくらませ4秒。
③ 同じように左をふくらませ4秒、上4秒、下4秒と行う。

※1日3~5セット。できれば朝晩2回。

顔の左右対称に、特に上はほうれい線を消すように空気を入れるようにやって下さい。

リフトアップエクササイズ~口角を上げて印象をアップしましょう!~

① 鏡を見ながら姿勢を正します。
② 4秒かけてジワジワと「イ」の口を作る。
③ 4秒かけてジワジワと「ウ」の口。唇を裏返して。
④ 最後に4秒かけて「イ」の口を作り、確認できたら脱力。
※1日1回3~4セット。
朝やると、一日の笑顔が作りやすくなります。

以上、この表情筋エクササイズを行うと、自然な笑顔を作りやすくなります。

毎朝、鏡を見ながら笑顔を作ると、どんなに気分が落ち込んでいても、脳は笑顔を見ると騙されるので、気持ちが上向きに変わると上坂さん。
yuka160322000i9a4287_tp_v
今回、上坂さんからお聞きしたコツは、普段から食事をする時にしっかり左右の奥歯で物を噛むことと、表情筋エクササイズで舌をしっかり回すことで表情筋を鍛える事と、食事以外の時間は、歯と歯を離して安静位で過ごす事も大切な事。

この表情筋エクササイズを短時間の長期間続けて素敵な笑顔をgetして毎日を楽しく過ごしましょう!

※今回お話をお伺いした表情デザイナー、歯科衛生士 上坂尚美さんのサロン
お口のプロ歯科衛生士が、笑顔をお口の中からデザインする♪
笑顔サロンnatural Smile  



WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!