寒くなってくると、気になってくるのが手肌の乾燥や手湿疹などの肌トラブルですね。

冷たい水や強い洗剤を使って洗い物や洗濯は、手が荒れるモト。しかも荒れた手にハンドクリームをつけたのに、改善どころか悪化してしまうことも。

そんな冬の手肌トラブルを改善するために、CMや女優さんの手の差し替えをしていた、元手タレでファッションコーディネーターでもある立川友子さんに、予防医学の観点も含めから、編集部Hが手肌のスペシャルケアを教えていただきました。

15174587_1235513699820848_1091260165_n

予防医学から始める手肌ケアとは?

予防医学とは、生活習慣を改善することで病気を防ぐことです。

一般に流通しているほとんどの化粧品、食品などには、必ずと言っていいほど添加物や、様々な化学薬品が使用されています。

その添加物は、主に製品の品質を保つ防腐剤などですが、私たちがその添加物を摂取し続けると、アトピーなどの原因にもなると言われています。

身体に良くないと言われながらも、化粧品や食品に添加物を入れ続けているのは、製品を作る上で、製品の品質を安定させるために必要と見なされているので、仕方がないことでもあります。

日本で生活する以上、添加物を避けて通ることはできません。

手肌の健康は、身体の健康。普段私たちが摂取する食品や化粧品等の身体に良くない添加物を避け、安心安全な物を選ぶことで予防医学にもなるのです。

まずは成分表示を見よう!

では、どうやったら身体に良くない化学成分を避けることができるでしょう?

一番簡単で確実なのは、自分で成分を確かめることです。

ハンドクリームや化粧品のボトルの裏に、成分表がありますね。

よく見ると、カタカナや英語で使用されている成分が書かれていますが、それを確認して、できるだけ自然なもの、添加物が少ない、安心安全な物を選択して下さい。

どうやって良い物か悪い物かを調べるには、今はインターネットがありますので、自分で調べることをオススメします。

まずは、自分が普段、なにげなく使用している化粧品がどんな物なのか、意識するところから始めて下さい。

元・手タレ直伝! お手軽つや肌ハンドケア

では、早速、つや肌ハンドケアの方法をお教えします!

○用意する物

・ティッシュ2枚
・ビニール袋2枚
・輪ゴム
・化粧水(できれば安心安全な成分の物)を入れたスプレー

① まず、片方の手の甲にティッシュを1枚乗せます。
② 化粧水スプレーでティッシュをひたひたになるまで吹きつける。
img_1482
③ ティッシュで手をくるみ、ビニール袋を被せる
img_1484
④ 手首を輪ゴムで軽くしばる
img_1485
⑤ 5分ほどおいたらビニール袋とティッシュを外す。
⑥ 手に着いた化粧水を手肌に馴染ませる

これだけでOK!
試した編集者Hの片手の甲がつやつやになりました。
img_1486

元手タレが教える、つや肌ハンドクリームの塗り方

化粧水パックでつやつやになった手に、さらにハンドクリームで保湿をし、効果を高めてていきます。

① 手のひらにハンドクリーム(できれば安心安全な成分の物。乳液でも可)を乗せ、手のひらの熱で温めます。
② 手のひらからクリームを広げていき、手の甲、指先、爪まで伸ばして塗る。
③ 爪の先、水かき、手の甲の骨の筋をマッサージしながら塗っていく。
特に、爪の脇や手の甲には、手がキレイになるつぼがあるため、効果が高まるそうです。

冬の水仕事から手肌を守る

炊事洗濯の時、どうしても手が荒れてしまう悩みも、立川さんにどうすれば良いか教えていただきました。

洗い物をするときは、手にハンドクリームを塗り、綿かシルクの手袋をはめ、さらにゴム手袋をつけて食器洗いや選択をして下さい。

食器洗いの時にお湯を使えば、蒸気で蒸されて、さらにハンドクリームの保湿効果が高まります。

普段、自分たちが選んでいる食品や化粧品に使われている添加物が、肌や身体の健康に良くないと言われているのは驚きですね。
今回、教えて頂いたような、添加物の少ない化粧品を使用し、ほんの少しのシンプルケアをやっただけで、手肌は驚くほどつや肌になりました。

今回、掲載した綺麗な手の写真は、立川さんご自身の手です。本当に綺麗ですよね!

皆さんも、普段、ご自分が購入したり使用している化粧品、食品のラベルを見て、使っている物がどんな物か自覚した上で、シンプルケアを目指して下さいね。

★今回、お話を聞かせていただいた立川友子さんのサイトはこちら★

立川友子 手タレのハンドケア、愛されママのコーディネイト術



WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!