浅草でベジ!その2 外国人にも大人気の「SUKE6 DINER」♪


photo by たっくんKT

観光に訪れていただいた外国人客でいっぱいの浅草。すれ違う着物を着た女性は90%以上が外国の方で、そんな光景も楽しい浅草。

食にこだわるベジタリアンが多い外国人からのリクエストがやはり多いのでしょう、新しいヴィーガンカフェが浅草で急増しています。対応メニューを置くところも増えてきました。

先週の「THE FARM CAFE」に引き続き今回も、同じ隅田川に面した助六通り沿いにある「SUKE6 DINER」をご紹介します。ベジタリアンもそうでない方も一緒に楽しめると話題の、いま外国人にも非常に人気の高いダイニングカフェです。


東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

  • 天井が高い気持ちのいい空間

隅田川沿い、東武の浅草駅を出て信号を渡るとすぐのところにあります。川沿いの散策、ランニングの合間の利用にも最適。明るく自然光も入ってくる、天井が高くて居心地の良い落ち着く場所です。

 

◆こちらをいただきました!


photo by たっくんKT

・イエロームング豆のスープ<パクチーのせ>800円

朝メニューの豆スープをいただきました。もうお昼を過ぎてましたが、まだ残ってたみたいでラッキー。

こんなにおっきなボウルにたっぷりで、食べがい充分すぎるメニュー。写真で大きさが伝わってるかな?

豆のスープ大好き。おなかにどっしり美味しさを残していってくれるんですよね。

パンは3階にあるパン屋さん「manufacture」のもので、おかわりが可能。どのタイミングでおかわりお願いしたらいいか逡巡しましたが、店員さんから「いかがですか?」とお声がけいただけてうれしかったー。


photo by たっくんKT

・キュウリと海苔のサンドイッチ800円

和風で、キュウリのざくざく食感が楽しいサンドイッチ。チーズが入るのでVeganの方にはおすすめできませんが、胡麻のペーストが塗られた雑穀パンに、薄切りキュウリが何枚も入って、風味の良い海苔と、ザクザク&パリパリが楽しい!

歯応え、食べ応え、うまさを兼ね備えた、テレビでも紹介されるほどの人気メニューです。

  • 浅草の街の暮らしの中に息づく、新しい食堂

お店は2015年の春にオープン。少しホームページから抜粋します。

『浅草で、食堂らしく朝から晩まで扉を開き、人々が挨拶を交わす憩いの場として、そして普段着の食の時間を楽しむ場。

朝からお昼には、美味しいブランチ、そして3階のパン工場で焼く天然酵母のパンを使ったお料理。フレッシュブレッドと穫れたてのおいしい野菜。

日が暮れ始める頃には、温かな灯りの下でお酒を仲間と気軽に楽しく囲んで。

浅草の観光地から一歩足を伸ばした場所で、ローカルや観光に訪れたインターナショナルな人々が集まる憩いの場所として、そして背伸びをすることなく毎日の暮らしを豊かにする、創造する場所。

3階のmanufactureで酵母がパンを生み出し

2階のラウンジスペースでは人々が食べることを楽しみ

1階では食べものが浅草そして人々の1日へと繋がり、広がっていく。

小さな子どもからお年寄りまで、皆がそれぞれの日常を綴っていく。隅田川の傍から、街に新しい息吹を吹き込む活気に満ちた食堂。』

下町の食堂であり、国際的な食堂。

とっても素敵なお店です。

 

【お店データ】

SUKE6 DINER

営業: 火~金8:00~22:00、土日祝8:00~21:00 月休

住所: 東京都台東区花川戸1-11-1 あゆみビル1~2F

電話:03-5830-3367

最寄駅:東京メトロ銀座線「浅草」駅3分、都営浅草線「浅草」駅A5出口5分

地図:お店のサイトより



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
たっくんKT。 自然栽培で家庭菜園や小さな畑で野菜作りを楽しみつつ、ベジの食べ歩きを楽しんでいます...