★ウラスピナビ無料会員だけが読める! 満月からの排出を助け季節の変化を味方にする入浴法のメルマガ登録はこちら!

広尾の駅からすぐ、カフェストリートの入り口左側にある「EVERY BOWL」。
新感覚のヌードルプレートをVegan仕様で楽しめるとのことで行ってきました。
自分好みにカスタマイズできるのがうれしいです。

photo by たっくんKT

この日は、先週ご紹介した高田馬場「地球を旅するCAFE」でお昼を済ませていたので、EVERY BOWLでは豆乳ソフトクリームを店内でいただき、夕飯用に麺メニューをテイクアウトすることにしました。

●「EVERY BOWL」ならオーダーメイドも敷居は高くない


photo by たっくんKT

広尾らしい上品さを感じるおしゃれな店内。厨房で作る様子もよく見えて、オーダーする方法も大きく可視化されたイラストで分かりやすい。
ガラス張りで外からも中がよく見えるから、安心して入れますね。

◆こちらをいただきました!

・ソイクリーム 380円(+TAX)

photo by たっくんKT

大豆素材のVeganアイスクリームです。大豆っぽさががっつりいい感じで残っています。なめらかでざらつきはありません。でも豆の風味はちゃんと味わえます。
それにしっかり甘くておいしい! 後味も爽やかで超おススメのソフトクリームです。

・EVERY BOWL 980円(+TAX)

photo by たっくんKT

ヌードルとメインソース、デリを選びます。オーガニックリーフサラダ付き。
こちらはテイクアウトてお願いしました。
Vegan対応メニューには葉っぱのマークが付いていて選択しやすかったです。

まずは麺を選択。「五穀リガトーニ」「五穀麺」「国産小麦麺」「グルテンフリー麺」と4種類から選びます。
グルテンフリーヌードルは+180円のオプション。その他の麺も+180円で追加できます。

続いてソースとデリを選択。
こちらもVegan仕様のものがいくつかあり、ちゃんと葉っぱのマークが付いてます。
ソースは麻婆とカレー、デリも含めてすべてVegan仕様でカスタマイズ。

オーダーが終わるとそれらをまとめて温め調理してくれます。
たっぷりサラダもついてボリューム満点。

弾力のあるもちもちの麺がすっごくおいしい!
そもそも他ではあまり見られない麺なので、ソースと合わせた時にも今まで味わったことの無い新しさを感じます。

デリも工夫されてます。パプリカの皮をむいたマリネが桃みたいになめらかでおいしかったですー♪

グルテンフリーの麺を選択した際には「アレルギーがありますか?」と聞いていただけて、店員さんの心づかいも素敵です。食材についてもちゃんと案内できるようになっているのが安心ですね。
グルテンフリーでも小麦粉の麺と遜色無しのおいしさ。食べごたえは上かも。お好みで選んでくださいー。



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

●毎日の食べたいをオーガニックに提供

お店のwebサイトから。

その日その時食べたいものは、
あなたのカラダが知っています。
毎日のカラダの声に応えたい、という思いで誕生しました。
素材は味を第一に、できる限りオーガニック。
店内調理にて、常時約15種類を作りたてでご用意します。
量や種類を増やすも減らすもその日のあなた次第。
もちろん、NON-ヌードルも遠慮なく!
どうぞ毎日来てください。
いつでも、あなたのカラダに「ちょうどいい」をご提供します。

…とのことです。
カスタマイズして頼むことができる、毎日でも飽きずに通えるお店。その日食べたいと感じるものは、その日あなたに必要な栄養。オーガニックに良い素材で楽しめるおしゃれなお店です。

●全国への店舗展開が楽しみ!


photo by たっくんKT

全てのメニューがテイクアウト可能。こんなかわいい紙風呂敷に入れてくれました。
実はこちら、長崎ちゃんぽんのリンガーハットによる新業態。現在、広尾と宮崎の2店舗があります。今後増やしていく予定もあるらしく、うちの近くにも来てくれないかなーと期待しているところ。店舗展開のノウハウはお持ちだと思うので、どんどん広がってほしいです。

【お店データ】
EVERY BOWL
http://www.everybowl.jp/
営業: 11:00~22:00 無休
住所: 東京都渋谷区広尾5-5-1 広尾いがらしビル1F
電話: 03-6409-6991
最寄駅:東京メトロ日比谷線「広尾」駅 2番出口1分、JR各線「恵比寿」駅 16分
地図:お店のサイトより
http://www.everybowl.jp/shop.html

・ステラインタビュー広告


★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的・逆行中の金星を味方に成功をゲットするラッキーアクションのメルマガ登録はこちら!

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
たっくんKT。 自然栽培で家庭菜園や小さな畑で野菜作りを楽しみつつ、ベジの食べ歩きを楽しんでいます...