★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

JR高田馬場駅から歩くこと約5分。外装にも内装にも落ち着きとお洒落さを感じる「地球を旅するCAFE」でランチをいただきました。

photo by たっくんKT

その名の通り、地球の、世界の色んな所を旅して、様々なものを見てこられたシェフがいらっしゃいまして、その旅の色々が料理からも、調度品の一つ一つからも感じられるカフェです。
Vegan対応のメニューが非常に多く、さすが世界標準のお店だな! って感じで良いのです。

●ランチ激戦区・早稲田でも「地球を旅するCAFE」は人気のお店

店内は若い方を中心に、性別・国籍問わずランチを楽しむ方々でいっぱい。
ファンの方も多いようですねー。
ランチはセットでいただけます。
お得感の高そうで目を引くプレートや、さまざまな好みに合わせたセットが用意されています。
純植物性のおいしさ、しっかり堪能できます。

◆こちらをいただきました!

・玄米サラダワンプレートランチ 1000円

photo by たっくんKT

わんさかとおかずが乗ったワンプレート。サラダがほのかに甘いドレッシングでおいしくむしゃむしゃ食べられて、この食感たまりません。
カボチャのスープやラペなど外れなし。日本ではあまり無い味付けもあり、それもすごくおいしいですー。
大豆のから揚げもカリカリ感とフワフワ感があって、今まで食べたなかでもベスト3くらいに入るかも知れないくらい好きです。他のお客様で、から揚げを最後の最後まで残している方も。確かにそうしたくなるほどおいしかったです。

・スープランチ 900円
色んなお豆がいっぱいのスープ!
じわじわたっぷり旨味がお豆から引き出されていて、お豆の食感もしっかり楽しめる。いつまでも飲んでいたい最高のスープです。
ワンプレートランチ以上にたっぷりのサラダも付きます。
ご飯が+50円で玄米に変更可能。最後は玄米をスープに入れて楽しみました。玄米がモチモチで、また変わった食感が味わえておいしいのです。

・アカアマコーヒー 300円
・オレンジジュース 200円
・くるみといちじくのブラウニー 300円


photo by たっくんKT

ランチとセットのデザートやドリンクも素敵でした。
フェアトレード(?)のコーヒーは一杯ずつドリップしてくれて、苦味も酸味もあるのにすっごく飲みやすくて旨い。
オレンジジュースもひと味違う。飲みやすさが違う。やはりオーガニックにこだわるお店の飲み物は、引っかかるところがなくておいしいですね。

ブラウニーもまたやさしいけれど、しっかり甘味が味わえます。
シェフのセンスがどの料理、メニューからも光りまくってますね。



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

●地球を旅しているCAFEのこだわり

いまも地球の旅の途中だと思いますが、高田馬場でオープンして間もなく4年になるそうです。
今日食べたものが地球のどこから来て どんな人が作っているのか。そんなストーリーを想像してみよう。
Today is my life!
と「地球を旅するCAFE」は提唱しています。

メニューのひとつ「アフリカンサモサ」を注文すると、利益の10%がアフリカのウガンダに届けられるそうです。地球を旅するCAFEオーナーの夏沙さんが青年海外協力隊としてウガンダに滞在していた頃、一緒に活動をしていた「KAMCARE」という小さな地域団体へ、継続的に支援していらっしゃるとのこと。
視野が大きすぎて、素敵すぎる取り組みです!

●居るだけで心からリフレッシュできるCAFE空間です


photo by たっくんKT

内装にも地球を愛する心配りが感じられます。
3か月かけて手づくりでできた内装は、化学物質などを含まない自然な素材が95%以上で、そこにいるだけでもすごく気分が楽になれる居心地の良いCAFEです。
ヘルシーで美味しいヴィーガンスタイル。アラカルトメニューもおいしそうです。また行ってみたいと思えるお店。世界をめぐったシェフの腕はそれほど素晴らしかったです。
高田馬場でお食事する場所に迷ったら、ここホントにおすすめです。

【お店データ】
地球を旅するCAFE
営業: 水木金 12:00~15:00&17:30~23:00、土日祝 12:00~23:00 月火休 ※祝日の場合は翌日休
住所: 東京都新宿区高田馬場2-12-5
電話: 03-6265-9482
最寄駅:JR・西武新宿線「高田馬場」駅 早稲田口5分、東京メトロ東西線「高田馬場」駅 6番出口2分
地図:お店のサイトより

SHOP INFO

★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
たっくんKT。 自然栽培で家庭菜園や小さな畑で野菜作りを楽しみつつ、ベジの食べ歩きを楽しんでいます...