★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

前回に引き続き、ベジタリアン雑誌veggyの創刊10周年記念パーティのレポートをお届けします。
ちなみに前回の記事はこちらです。


photo by たっくんKT

●注目したい食材の見本市ともなったパーティ会場でおなかも満足


photo by たっくんKT

やっぱり食にこだわる雑誌のパーティ。おいしさや栄養面、美容にもこだわった食材や情報の屋台が会場周囲を埋めつくしまして、来場のみなさんもステージプログラムの合間をぬって(あるいはそっちのけで)お食事・食材に注目されておりました。
気になったお店をいくつかご紹介しますー。

・カロリー0(ゼロ)の自然派甘味料・ラカントS
https://www.lakanto.jp/


photo by たっくんKT

入場時にサンプルをいただきました。入場チケットを受付で渡したところ、
「再入場の際にはこれを提示してください」
と渡されたのが自然派甘味料の「ラカントS」、これはすごい!
長寿の神果と呼ばれる「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスと、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」、2つの天然素材からつくられた安心でカロリーゼロの自然派甘味料です。
砂糖と同じ分量で使えて安心な素材で作られている、理想的な自然甘味料。
いったん会場から出て、再入場しましたが、もう人数が多すぎてフリーパス。「ラカントS」は再入場券として意味をなしていませんでした。

・ブランジュリ ロワゾー・ブルーの抹茶クリームパン
http://www.geocities.jp/boulangerieloiseaubleu/

注目の古代小麦を使用した抹茶クリームパンが絶品でしたー!
豆乳ベースのクリームは、動物性のものとは違ってカラダになじんでくれやすい気がします。
カラダにも安心の、3種の古代小麦が使われています♪

スペルト小麦は、小麦の原種にあたり品種改良がほとんど行われていない古代穀物。現在の小麦グルテンとは形状が異なり、小麦アレルギーがほとんど発症しないと言われています。栄養価も高く素晴らしい古代小麦!

カムット小麦は、デュラムセモリナの原種に当たる、品種改良がほとんど行われていない貴重な古代小麦。栄養価も素晴らしくスペルト小麦とはまた違った風味。

アインコーン小麦は、スペルト小麦より抗酸化力が強く、アレルギー発症も少なく、自然の甘みが楽しめる、世界最古の一粒小麦。これを日本で扱っているお店は本当に稀少なんですって。





・すぐれものブレンダー Vitamix(バイタミックス)
http://www.vita-mix.jp/

圧倒的なパワーを持つミキサー「Vitamix」もveggyではたびたび紹介されていますねー。
熱に弱い栄養を壊さないために、できるだけ消化しやすいように、栄養をあまさず吸収できるように設計されたシンプルな機能を持つブレンダー。

アボカドの種まで砕いてしまうほどのパワーがあり、砕き、つぶし、刻み、数秒でスムージーが。長く回せば熱々野菜スープができます。
ジュースだけでなく、みじん切りや大根おろしもできてしまう優れモノ。

ニンジンだけで回してくれたジュースを試飲させていただきました。Vitamix独特の硬化ステンレスで作ったジュースの滑らかさがすごい!
飲みやすく、おいしかったですー。
食物繊維もバッチリとれるのでおすすめの調理器具です。

別冊veggy Vitamix specialという冊子も配布されていました。

・森永製菓のマクロビ派ビスケット
http://www.morinaga.co.jp/macrobiha/

おいしいのにヘルシー!というキャッチフレーズは、ありきたりだけど「マクロビ派ビスケット」には一番似合っているなぁって思います。
動物性原料や白砂糖、バター、マーガリンをつかわず、マクロビ素材のみを使用。
おいしさを楽しみながら、素材由来の食物繊維や鉄分をとることができます!

アーモンド
かぼちゃの種
ひまわりの種
オーツ麦フレーク
玄米フレーク
てんさい糖
小麦粉(北海道小麦100%)
バニラ香料

食用なたね油
小麦全粒粉
クランベリー
ヘーゼルナッツ
オーガニックココア

うれしい栄養素材がいっぱいですね!
食べごたえと自然の甘さが調和したビスケットです。

このほかにも
・自然栽培野菜を使ったvegan野菜寿司
・veganファラフェルサンド・フルーツソーダ
・栽培から無農薬、無化学肥料栽培した大根の「いぶりがっこ」

等々、注目素材が会場に溢れていました!

●あと何年続く? 部数は伸びる?


photo by たっくんKT

イベントの締めは、veggyの吉良さおり編集長と大崎副編集長のトーク。息が合ってます。編集部内の仲の良さが見られた気がします。
2008年度に創刊された雑誌で、現在も続いて刊行されている雑誌は3誌ほどしかなく、いずれも女性が編集長なのだそうです。veggyがすごいというか、逆にそれしかないのかとびっくり。
veggyは、今なお本当にニッチな読者層向けの雑誌ですが、ここまで続いたのはその独創性とか、支えている読者がいることなどがあげられると思います。編集部の方々にはもう頭が下がる想いです。

年々海外からの渡航客も増え、ヘルシー志向も高まるなか、需要はもしかしたら増えてくるんじゃないかと予想しています。また20年、30年と続けていただきたいですが、パーティは楽しいので、毎年やってほしいです!
veggy編集部のみなさま、どうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。

★新月・満月前日に配信! ウラスピナビ旬の占いスピリチュアルな情報のメルマガ無料会員登録はこちら!





家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
●雑誌「veggy」10周年アニバーサリーフェスティバル開催決定!!! 日本で唯一のベジタリアン雑...