ウェディングブーケの種類と歴史


出典:無料画像素材写真AC

まずはブーケの歴史から!

実は、ブーケの歴史はとても古く、最も古いのは「紀元前3千年前のヨーロッパ」です。このブーケ、「異性」からの「プロポーズ」の時に渡した花束から生まれたとされていて、相手が「YES」の場合は中から「一輪」抜いてシャツの胸元に指したとか……。これを「ブートニア」と言って、「OK」を出したということに。
ちなみに、このブーケが日本に入ってきたのは、「西洋文化」が入ってきた「戦後」から。和風の結婚式よりも洋風の結婚式が行われるようになるのと同時に、ブーケを持つ風習が根付いたのです。





定番の形ってどれ?

歴史を知ったのなら、次はウェディングブーケとして定番の形を見ていきましょう。まず、一番人気なのは、「クラッチブーケ」です。クラッチとは「ギュッとつかむ」という意味で、「片手」でつかめるくらいの量の花束を用意するもの。ブーケの由来に忠実な形です。また、「ラウンドブーケ」と呼ばれる形も定番で、「半円型」の形をしたブーケになります。どんなドレスにも合いますので、好まれているのでしょう。また、「オーバル」という形もあり、「楕円形」ではありますが、色々なタイプに合うブーケですから、こちらも人気の形です。


出典:無料画像素材写真AC

少し変わり種もありかも

丸い形が定番ではありますが、少し遊び心を出すなら、「キャスケードブーケ」などがオススメ。これは、英語で「滝」という意味があり、流れるような形を意識されています。そのため、この形は「海外」では定番の形のようです。また、「クレッセントブーケ」も形が少し変わっているので、オススメ。これは「三日月型」をイメージしているので、「大人っぽい」印象を与えるでしょう。アシンメトリ―だからこそ、「個性」を演出できます。そして、「シャワーブーケ」というものもあり、これはとても「ボリューム」がある花束。願いとして「幸せがシャワーのように降り注ぎますように」という思いが込められているといわれていますよ。

自分の好みもありますが、ドレスに合うブーケを選んでステキな結婚式にしましょう。また、個性的な形にすることで、皆の印象に残る式にもなるのですよ。





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...