出典:無料画像素材写真AC

実は医療で使っていたのが始まり?

BBクリームが日本でも有名になったのは、「韓国のコスメ」として紹介されてからです。実はこのクリーム、初めは「独の皮膚科医」が開発したもの。「デリケートな肌」を保護して、「修復する」効果を持っているファンデーションとして開発されたのだとか……。そのため、BBクリームは「カバー力」に優れていて、これ1本で「日焼け止め」や「化粧下地」、「ファンデーション」・「コンシーラ」の役割がクリームの中に含まれているのです。そのため、化粧下地で困っている人は、BBクリーム1本で「ベースメイク」ができてしまいますよ。しかし、その反面「厚塗り」に見えてしまうこともあると言われています。





肌のカモフラージュならこちら!

BBクリームに対して、CCクリームの方は「肌の気になる点をカモフラージュする」という面に特化しているのです。色で隠すのではなく、「肌をトーンアップさせる」という効果があります。コンシ―ラと違い、全体の色を「補正」するのがCCクリームであり、仕上がりは「とてもナチュラル」。自然な仕上がりになりますので、派手なメイクが苦手だと感じている人は、こちらのクリームを使ってみてください。つけ心地が軽いので、シミやシワもしっかりとカバーしてくれるのです。


出典:無料画像素材写真AC

どっちを使えば良いのか確認しましょう

両方の良い部分を見てから、どっちを使えばよいか悩んでしまう人もいるでしょう。もし、化粧をするにあたって、しっかりと「カバー」をしたり、ベースを1本で終わらせたりしたいのならBBクリームを選んでみてください。そして、自分の「肌のトーンを上げたい」と考えていたり「カバー力よりも軽さ」を求めていたりするのなら、CCクリームを使ってみましょう。そのときの肌の調子を見ながら、使う化粧品は考えていくことが大切ですよ。

自分の肌に合った化粧品を使えば、さらに魅力が高まっていきます。そして、もしCCクリームを使っていてカバー力が心配と考えている人は、そのクリームを下地に使ってから「パウダーファンデ」をサッと乗せてあげるだけで、キレイにまとまりますよ。用途に合わせて化粧品を変えてみることは、美容運アップにもつながります。ポイントを押さえて、毎日のメイクに活かしてみましょう。





占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...