いつもととちょっと違うメイクをしたいけれど、アイシャドウのグラデーションといったテクニックは難しい……とお悩みの方も多いでしょう。
そんな時は、カラーマスカラを取り入れてみて!
目もとのメイクにこだわると、自信を持って目を合わせて人と会話できますよ。
テクニックいらずで、おしゃれな抜け感のあるメイクです。まつ毛に春を取り入れてみてくださいね。

カラーマスカラの印象を色別に紹介!

出展:ぱくたそ

カラーマスカラと一口に言っても、さまざまな色があります。黒いマスカラは目力を強調しますが、カラーマスカラはさらに「可愛さ」や「癒し」といった要素をプラスすることもできます。なりたい自分をカラーマスカラで演出しましょう。
まずは、色別にどのような印象になるかをご紹介していきます。





〈初心者でもトライしやすいピンク〉
春と言えばピンクです。実はピンクって、カラーマスカラ初心者でも挑戦しやすい色なんです。コーラル、ビビッド、ミルキーなどピンクの種類も豊富なので、似合うピンクを見つけるのもとても楽しい!
ピンクは簡単に可愛らしい目元になれる上に、肌なじみが良いです。初心者から上級者まで、誰にでも使えるのも嬉しいポイントです。

〈グリーンで春色〉
目立つカラーと言えばグリーンです。パッと目を引く上級者向けのカラーマスカラです。アイラインも黒ではなく、淡いブラウンとの相性がとても綺麗。アイシャドウはラメの入ったブロンズをほんのり乗せることで色気も出せます。
それでいて、グリーンにはリラックス効果があります。心に余裕を持ちたい時は、グリーンの力を借りてみましょう。

〈イエローで可愛らしさと元気さを〉
肌なじみが良く、それでいて明るさや元気さを表現できるのがイエローの良さ! 可愛らしさも兼ね備えた春にぴったりの色です。ブラウンのアイラインやゴールドのアイシャドウと合わせると、可愛く軽やかな目元になります。
元気さが欲しい時におすすめの色です。

塗り方はひとつじゃない!

マスカラだから上下にたっぷり塗る、というだけではありません。特にカラーマスカラの場合はピンポイント使いがおすすめです。抜け感もありながら、とてもおしゃれに仕上がります。
ピンクならば上まつげの目尻側の毛先にだけ、グリーンやイエローは下まつげに、というように、いつものメイクにプラスするという使い方をしましょう。日常でも浮くことなく、カラーマスカラを使えます。
色をきちんと出したいという場合は、白いマスカラ下地を塗ってから、カラーマスカラを使用してください。発色が良くなります。
目元に色を置いているので、チークやリップは色味を抑えてくださいね。

出展:無料写真素材 写真AC

塗り方だけでなく、アイシャドウやアイラインとの組み合わせ次第で、メイクのレパートリーが無限に広がるカラーマスカラです。「今日は可愛い自分でいたい」「疲れているので癒されたい」というように、なりたい雰囲気によって選ぶのも楽しいですよ。
おしゃれながら抜け感のあるカラーマスカラで、自分を演出してみてくださいね。





恋愛メイクライター:花梨

WRITTEN BY 花梨

花梨
コスメの情報を漁っているとあっという間に一日が過ぎてしまう日々。いつまでも可愛くいたいという願いを持...