ひな祭りといえば、女性の節句ですね。その伝統ある日本の節句は、年齢を重ねてからも女性を洗練させ幸せへと導くエネルギーを与えてくれます。
その風情あるひな祭りのルーツをスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

ひな祭りのルーツとは

出展:無料写真素材 写真AC

3月3日のひな祭りは五節句の一つ、上巳の節句(桃の節句)ですね。
季節の節目にある節句は大切な伝統行事ですが、ひな祭りのルーツはどこにあるのでしょうか。

ひな祭りのルーツは、古代中国にあるといわれています。
中国では旧暦の3月3日に、川で禊(川や海の水で身を清めること)をしたあと宴を開く習慣がありました。その習慣が平安時代の貴族に伝わり、薬草で身を清め無病息災願う行事がひな祭りの始まりとなりました。

日本では、平安時代の宮中で行われていた「ひいな遊び(紙で作った男女一対の着せ替え人形が中心の遊び)」と「流し雛(紙の人形に自分の身代わりとして災いや厄を移し川に流す)」が合わさり、現在のひな祭りの原型となったのです。室町時代には、宮中でひな人形を華やかに飾り祝うようになり、やがて裕福な家庭へと広まりました。江戸時代になると女性だけの節句として一般の家庭でも祝うことになります。

このような歴史の中、ひな人形は災難から守るお守りとなり、また、ひな祭りは無病息災と幸福を願う伝統行事となりました。

ひな人形の飾り方

ひな祭りでお守りとなるひな人形、平安時代の宮廷衣装と穏やかな表情はとても美しいですね。
正しい飾り方を知り、ひな祭りの思いを大切に受け継いでいきたいもの、そこでひな人形の飾り方をご紹介します。

【飾る方角】

ひな人形は、一般的に東向き、または南向きに飾るとよいとされていますが、住環境に合わせた飾り方で構いません。ひな人形の衣装や飾り、道具を傷めることがないように直射日光は避けるようにしましょう。

【ひな人形を飾る時期】

ひな人形は、立春(2月4日)頃から2月中旬位までに飾ります。短くとも1週間は飾るようにします。
しまう時期は、3月3日の節句の後、よく乾燥した日にほこりや汚れをきれいに落とし、遅くとも3月中にしまうことを心掛けましょう。

ひな祭りの縁起物

ひな祭りを祝うときは、春の訪れを楽しむ縁起物があり、その縁起物にもそれぞれ意味があります。その風情ある意味には先人の知恵が込められていました。

【ひなあられ】

江戸時代、ひな人形と共に野山に出かけ小高い場所にひな人形を飾る「雛の国見せ」という行事がありました。そのとき、縁起物の餅で作られたひなあられを持って出かけたのが始まりといわれています。

【菱餅】

菱餅の菱形は、生命力の強さから長寿を願う菱の実に似せて作られたといわれています。
菱餅は、古代中国の母子草(春の七草のゴギョウ)で作られた餅が日本に伝わり、色をつけて作られるようになりました。そして、餅の色にも意味があります。

・ビンク  桃の花・魔除け  解毒作用のあるクチナシの実で色付
・白   雪・清純     長寿の実といわれる菱の実を入れる
・緑   大地・健康    香りで邪気を祓うといわれるヨモギで色付

菱餅は「雪の下の新芽と桃の花が咲いている」、このような情緒ある春の景色を表しているともいわれています。

【蛤の吸い物】

蛤の対になっている貝が、夫婦を表し一生仲良く添い遂げられるようにと将来の幸せへの願いが込められています。

【ちらし寿司】

ちらし寿司は、江戸時代から作られるようになり、材料には縁起のよいもの、春らしい彩りが使われ祝いの席にふさわしい、ひな祭りの定番料理となりました。

・えび   長生き・出世祈願
・レンコン  見通しがきく

出展:無料写真素材 写真AC

【白酒】

古来中国では、桃は邪気を祓うといわれ、3月3日には桃の葉をつけた「桃花酒」という薬酒が飲まれていました。「桃花酒」は日本に伝わりますが、江戸時代になると「白酒」が多くの人に広まり飲まれるようになりました。お酒は今も、身を清め邪気を祓うものとして伝えられています。

【桃の花】

旧暦のひな祭りの時期は、桃の花が咲き新たな季節の訪れを知らせてくれました。桃の花には邪気を祓う神聖な力がある霊木とされていたので、女性の健康と成長を願い飾るようになりました。

ひな祭りは女性を洗練させ幸せへと導いてくれる

ひな祭りは女性の節句。邪気を祓い女性に必要な幸福と適したエネルギーの整え方を先人は感じ取り、風情あるギフトとして今も受け継がれています。

ひな祭りの縁起物や、その色にも女性に安らぎと幸福感、そして清々しい気持ちにさせる作用があり、ひな人形を飾れないときでも縁起物を飾ることや食すことで、女性としてのエネルギーを高め洗練させ幸せへと導いてくれます。

邪気を祓い透明度を増した思考は、自分の幸せとはどのようなものかを理解し、その幸せを自らつくりだすことができるエネルギーとなるのです。

春はすぐそこに。
雪解けとともに見える景色は、自分自身を表現した春に見えるはずですよ。

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...