好きな人とのデートを重ねていれば、いろいろな場所で食事をする機会が多くなると思います。

その中でも、意外と知らない和食のマナーをご紹介しましょう。

和食デートも、なかなか落ち着いていて格式高いと感じてしまうかもしれません。しかし、そんなに構えなくても大丈夫。要点のマナーだけ押さえて楽しんでみてください。


出典:無料画像素材写真AC

これを持っていると安心、「懐紙(かいし)

茶道をやっている人だと目にしたことはあるかもしれません。この懐紙とは「和紙を二つ折り」にしたものです。食事以外でも、「ティッシュ」代わりに使えたり「ナプキン」にできたりと重宝しますので、可愛いデザインを探して1つカバンの中に入れておくのもいいかもしれません。この懐紙を持っていれば、「口元を拭く」ときや、お菓子を頂いたときに包む「ポチ袋」的な役割もできます。そして、「メモ帳」にも早変わり。デートでの帰り際に、お礼のメッセージを添えて好きな人に渡しても素敵ですよ。




実は禁じ手?和食のマナー

上品に食べているつもりでも実はNGだったなんてこともあります。例えば、「手皿」。お箸で口元に運ぶとき、片手を「受け皿」のようにして添える仕草。これ、実はNGなのです。上品に見えるのでやりがちですが、要注意。そして、これもやりがちなのが「逆さ箸」です。大皿の料理を取り分けるとき、自分のお箸を「逆さま」にして取り分ける人がいると思います。実はこれもNGなのですよ。手で触れる部分で取り分けることは「衛生的」ではないということで、禁じ手だといわれています。その場合は、取り分け用のお箸を使って分けていきましょう。


出典:無料画像素材写真AC

お魚をひっくり返すこと、実はダメだった!

和食を食べているときに出てくることが多いのが、焼き魚です。これをキレイに食べることができると、異性も注目してくれるようになりますよ。きれいな食べ方は、「魚の頭」に近い部分から順番に上の身を食べていきましょう。そして、食べ終わったら「尻尾の方から」頭に向けてお箸を使って中骨を取ってみてください。そのときの要注意ポイントが、「骨を取った後にひっくり返してはいけません!」そのまま食べ進めればキレイに食べることができます。そして、最後に骨や残った皮をお皿の中央に集めてください。中骨は長いので半分に折ってコンパクトにまとめてみましょう。お魚の食べ方を理解しているだけで、上品さが上がりますよ。

和食のマナーもそこまで厳しいわけではありません。楽しく、美味しく食べるためのルールなのです。覚えておくだけで、異性や友人たちと楽しく食事をすることができますよ。




WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...