そろそろ涼しくなってきて、秋物の洋服が出揃ってくる時期。ここで、好きな服はあるけれど、本当に自分に似合うのかどうかって不安になると思います。今回は、自分の体格にあった服はどんなものなのかをご紹介しましょう。3つのタイプに分けてみていけば、自分にどんな服が合うのかわかりますよ。


出典:無料画像素材写真AC

 

身体全体の立体感がある人はシンプルなファッション!

身体全体に「立体感」があり、筋肉も程よくついているので「メリハリ」のある身体をしています。身体の上のほうに重心があるのが特徴。そういった人に似合うのは、「スッキリ」としている「シンプル」な服装です。飾りは少なく、「はっきりとした柄」や「質」、「高級感」を重視して服を選んでみてください。オススメはコットンやウール、デニムなどです。
ボリュームが出ないように「Iライン」を意識してみると、キレイにまとまりますよ。首周りはスッキリと縦に開いた服を選んでみて、ボトムスは「ストレートパンツ」や「タイトスカート」がおすすめです。





身体のラインが細く華奢で、柔らかい曲線の身体の人はフェミニン系を

身体がうすく「華奢」で、柔らかい「曲線」を持っている人は、身体の下の方に重心があるのが特徴です。この体型の人に合うのは、「華やか」で「ソフト」な質感の服になります。少し薄めの「柔らかい」素材を使うことで、身体の「曲線」や「ライン」をキレイに見せられるのです。

上半身が軽く下半身が重くなりがちなので、できるだけ上重心に意識をしながら選んでみましょう。トップスは「フリル」など、飾りがついた華やかな服を持ってきて「ボリューム」を。ボトムスの方は軽く見えるように「フレアスカート」や「スキニーパンツ」などを履くと、身体のラインをキレイに見せられますよ。


出典:無料画像素材写真AC

骨格がしっかりしているスタイリッシュな身体の人はラフ&カジュアル

筋肉や脂肪があまりつかず、骨格がしっかりしている人はバランス型で、関節が少し大きく目立つのが特徴です。身体のラインがしっかりとして「すらっとしている人」には、「カジュアル」で「リラックス」できる服装がオススメ。
ゆったりとした服を着ることで、大人な魅力を引き出すことができますよ。トップスは首元があまり開かない「大きめサイズ」を選ぶことでスタイリッシュに。そして、ボトムスも同じように大きめのサイズを選んでみてください。生地はざっくりとした素材で、「ダメージジーンズ」や「マキシ丈のスカート」がおすすめです。

自分の体格を知ることで、自分に似合う服装を見つけることができます。そして、その服を選んで身につけてみるだけで、毎日が普段よりも楽しく充実していくでしょう。



占いシナリオライター:水守 湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...