夏もまだまだこれからですが、今頃の時期から徐々にお祭りも多くなってきます。そこで、普段の自分とは少し違った一面を見せるためにオススメのメイクをご紹介いたします。夏祭りなどでは、暗い中で一緒にいたりしますから、夜でも映えるメイクをしてみましょう。


出典:ぱくたそ

目力を上げて、普段と印象をチェンジ!

基本的には、普段よりも着物の華やかさに合わせて、明るめにメイクをしていくことを意識してみてください。そして、重要なポイントになるのは「アイメイク」です。この部分を変えるだけで、顔の印象がガラッと変わりますよ。
普段は「ブラウン」、「オレンジ」など落ち着いた色を選びがちですが、ここでは夏らしく「ブルー」や着物に合わせた色のライナーやアイシャドウを使ってみると、普段とは違う自分を演出できます。使い方としては、目尻の辺りにアイシャドウを付けるだけです。今までと雰囲気が大きく変わるでしょう。




唇はしっかりと保湿してプルッとさせよう

目元を明るくした後、意識するのは唇です。潤っている唇にはとても「色気」があり、異性も触れたくなってしまうでしょう。そのためにも、このときだけは「ラメ入りのグロス」を塗ってみてください。
グロスの中にあるラメが、お祭りのライトを反射して明るく見せてくれると共に、潤ってプルッとした唇に視線を集めることができますよ。ただ、そこだけに明るさを集中させ過ぎないように注意しましょう。一点だけ明るくなってしまうと、メイクの全体のバランスが崩れてしまいます。


出典:ぱくたそ

メイクが崩れたらティッシュで余分な油をカット

夏祭りが楽しかったとしても、やはり暑さでメイクが崩れてしまうこともあるでしょう。そんなときは、「ポケットティッシュ」が役に立ちます。ティッシュで、メイクの崩れそうな部分のテカリを押さえてあげることで、余分な油分をオフしてあげましょう。
一番いいのは「あぶらとり紙」ですが、手元になかった場合はポケットティッシュでも代用できます。顔の油を軽く取った後、気になる部分にパウダーを乗せてください。そうすれば、メイクの崩れも大きくは気にならなくなります。
一番重要なのは、出かける前の汗対策です。基本的に、浴衣の場合は胸元を帯で締めるので、汗が額や顔に出ることを抑える効果があります

浴衣に合わせたメイクや、崩れたときにどうすればいいのかを知っておくことで、これから始める夏祭りを今まで以上に楽しむことができるでしょう。そして、普段とは違う自分を周りにアピールするいい機会になりますよ。




WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...