これから夏休みなどでバカンスなどに行く人も増えてくると思います。遠出する際、いろいろな乗り物に乗って移動しますが、どうしても体調によっては酔ってしまうこともあるでしょう。
ここで、乗り物酔いに効くアロマを知っておけば、酔いの気持ち悪さも軽くなりますよ。


出典:無料画像素材写真AC

心と身体を落ち着けるのにピッタリ!「ローズマリー」

気分が悪くなってしまった時は、ローズマリーのアロマを使ってみましょう。このアロマの香りは、「ストレス」からくる疲れを軽くしてくれる効果があり、「身体の緊張」も解してくれますよ。使うときは、ハンドタオルやティッシュなどに1~2滴染み込ませて持っていてください。
鼻から離して香りを楽しんだり、胸ポケットなどに忍ばせて自然に立ちのぼってくる香りを吸ったりしましょう。自分の車での移動なら、エアコンの吹き出し口にアロマを染み込ませた小さなリボンを結ぶだけで、香りが車に行き渡ります。




気持ち悪さは睡眠で解消しよう「ラベンダー」

乗り物酔いというのは、「睡眠不足」から来てしまうものです。そして、移動中少しでも身体を休めるのなら、このラベンダーがピッタリですよ。ラベンダーも「ストレス」に効果のあるアロマで、「頭痛」や「いらいら」も抑えてくれます。さらには「安眠作用」も含まれていますから乗り物酔いしそうだと感じたときに、このラベンダーのアロマをハンカチなどに1~2滴垂らして嗅いでみましょう。
リラックスできると共に、乗り物酔いの気持ち悪さも徐々に消えていきます。ラベンダーはお子さんにも使用できるものなので、子供が酔ってしまった時は、このアロマを嗅がせて眠らせてあげるといいかもしれませんよ。


出典:ぱくたそ

インドのスパイスが乗り物酔いに⁉ 「カルダモン」

元はインドで知られているスパイスの1つです。そして、サフランやバニラに次いで高価なもので知られていました。別名、「クイーンオブスパイス」とも呼ばれています。このアロマは、スパイシーで少し甘みがあるお菓子のような香りが特徴です。組み合わせとしては、よくオレンジなどと一緒に使われることが多いでしょう。
乗り物酔いのときは、ハンカチなどに垂らして使ってみてください。香りを吸って「気分転換」することで、気持ち悪さも徐々に消えてくれますよ。

これからの時期、旅行に行く機会が多くなるでしょう。だからこそ、乗り物酔いになりやすい人は、アロマを取り入れて旅行や遊びを楽しみましょう!





<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...