夏になると、どうしても涼しさを求めてしまうものです。そこで、アロマやハーブでも人気の高いペパーミントを今回ご紹介します。
このハーブの効果や使い方を知れば、日常の中にも取り入れやすくなり、夏がもっと過ごしやすくなるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

ペパーミント「ハーブ編」

ハーブで使うときは、主に「料理」で使われたり「ガム」や「歯磨き粉」に使われたりします。そのため、とても私たちに身近なハーブで有名です。家庭でも簡単に栽培できますが、直接植えてしまうとすぐに広がるほどの繁殖力が強いのも特徴。
すっきりとした味わいで、「気持ちが悪いとき」や「吐き気」がするときなどは、このハーブティで口をゆすいでみてください。口の中や気分がスッキリしますよ。また、ハーブの中に含まれる「ミントポリフェノール」が「花粉症」にも効果があると分かったため、春先での需要も徐々に増えてきているのです。




ペパーミント「アロマ編」

アロマで使う場合は、ひんやりとした「清涼感」とミント特有の「刺激」が特徴で、リップクリームやハンドクリームにも使われています。「メントール」の効能が強いので、局部的な使用がオススメ。喉が痛いとき、イガイガすると感じたときは「蒸気吸入」をしてみてください。特徴である清涼感は、「殺菌」、「かゆみ止め」、「炎症の軽減」、「吐き気止め」などの効果があります。
この季節は気温が高いので、入浴剤として浴槽に2~3滴垂らしてくださいスッキリとした香りでリラックスすることができるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

使用上の注意点

基本的に無害ではありますが、「妊娠中」や「授乳中」の方、小さい子にはなるべく使用しないようにしましょう。刺激が強すぎて小さい子は「痙攣」を起こしてしまう恐れがありますので注意してください。成人でも、アロマの場合は刺激が強いので塗るときは「患部にだけ」塗ってください。肌が荒れてしまう可能性があります。
「ハーブティ」の場合は、胆石が身体の中にある人は、お医者さんに相談してから使ってください。身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。もし、家庭で栽培する場合は地面に直接は植えないようにしましょう。繁殖する力が強く、すぐに広がってしまいます。もし植える場合は、鉢植えなどがオススメですよ。

暑くなってくると、スッキリしたものが欲しくなってしまうものです。そんなときに、このペパーミントを使ったハーブティやアロマを日常に取り入れることで、この夏を快適に過ごせますよ。





<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...