夏場は暑いからこそ、クーラーを効かせて涼しい部屋の中でまったりとしがちです。仕事場だと、大勢の人がいるため、寒く感じてしまう人もいるでしょう。そんな人たちにオススメなアロマがあります。ただ、アロマとして香りを嗅ぐだけではなく、いろいろな使い方をご紹介いたします。


出典:無料画像素材写真AC

足が重く感じたときはコレ!「フットバス」

仕事場が寒いと体全体が冷えてしまいがち、さらに夏場になると素足になることも多く、室内にいるとむくんだり、重く感じてしまったりするでしょう。そんなときに、オススメの方法がこのフットバスです。全身は暑くなってしまったとしても、足だけにすればそこまで感じないはず。
大きめの洗面器にお湯を張って、その中に「サイプレス」というアロマを1~3滴垂らして混ぜてみてください。サイプレスは、ウッド系の香りが特徴でむくみにも効果があります。もしくは、「フランキンセンス」を同じ数量垂らして足をつけてみてください。穏やかで少し甘めの香りと温かさがあなたの身体の緊張をほぐしてくれるでしょう。




お腹が冷えやすい人は「アロマの温湿布」

暑くなってしまうと、寝ているときにもクーラーをつけてしまいがち。すると、お腹が冷えてしまい、下痢やだるさを感じてしまうことがありますよね。その場合、お腹にアロマの成分を染み込ませたお湯と、タオルを使った温湿布をしてみてください。
温湿布の作り方は、まず洗面器に少し熱めのお湯を入れましょう。そして、その中に「スイートオレンジ」か「ローズマリー」のオイルを1~2滴垂らして混ぜ、タオルを浸けて絞ります。それをお腹に当てて温めてみてください。身体が冷えている分、気持ち良く感じますし、さらに香りでリラックスもできます。
紹介した「スイートオレンジ」はみんなが知っているオレンジの香りそのもので、「冷え」に効果があるのです。そして「ローズマリー」は、身体の「循環促進」に高い効果を持っていますよ。


出典:無料画像素材写真AC

大切なのは血行促進「アロマを使ったマッサージ」

身体が冷えてしまうのは、「血行」が滞ってしまっているからだといえます。それには、「マッサージ」がとても有効なのです。冷えやすい足はもちろん、クーラーの風に当たっている「肩」や「手先」もマッサージしてあげましょう。
そのためには、まずマッサージ・オイルを作ります。これは、ベースになる植物性のオイル10mlに「スイートマージョラム」や「ユーカリ」のオイルを2~3滴落として混ぜるのです。これをマッサージの際に1円玉くらい手に取って馴染ませ使ってみてください。
マージョラムは、身体の緊張を解してくれる効果がありますし、ユーカリはむくみに効果がありますよ。

身体を冷やしてしまうと、思わぬところで体調を崩してしまいがちです。だからこそ、普段からアロマなどで温めておことが大切になります。





<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...